イヤホンの人気・おすすめ機種は?格安コスパ・ワイヤレス・ハイエンド!

誰もがスマートフォンを持つ時代になり、誰もがイヤホンを必需品とする時代になりました。イヤホンはスマートフォンに付属していますが、壊れてしまったり、物足りなく感じて新しいものを購入したくなりますね。
しかし、良いイヤホンを選ぶ基準なんて、あまり人は教えてくれません。テレビなどで解説されることも少ないですね。
イヤホン選び、どのようなことに気を付けたらよいのでしょうか?
おすすめのイヤホンはどのような商品でしょうか?

 


iPhoneやiPodのイヤホンはあまり上質ではない・・・。

日本のスマホ市場を席捲しているiPhoneは、オーディオプレーヤーの雄iPodを作っていたメーカーです。さぞかし音楽性能には強いかと思いきや・・・実は、iPhoneの付属イヤホンは、あまり上質ではないのですよね。音楽マニアは気づいていることでしょう。
まぁ、iPhoneに限ったことではなく、スマートフォンに最初から付属しているイヤホンはあまり上質なものではありません。音楽をより楽しみたいなら、イヤホンは新たに買い替えたほうがベター。
いえいえ、そんなに予算は必要ありませんよ♪

 


イヤホン価格の相場は?ピンキリなので、考え方次第!

イヤホンっていくらくらいのものなのでしょうか?
イヤホンはピンキリで、いくらくらいが相場かを語るのは難しいものがあります。
日本人は上質なものを求める傾向があり、スマホライフを快適に過ごすために10万円前後もするiPhoneが標準であるとするならば、同じようなクオリティのイヤホンを得るには1万円くらいはかかります。
しかし、イヤホンに1万円をかける気のある人は少ないでしょう。よほどのオーディオマニアくらいです。
CDレンタル屋さんのレジ前でよく見かけるような、キャンディーカラーのポップなイヤホンの音質を卒業したいなら、とりあえず「2,000円~3,000円くらいが相場」と考えましょう。これくらいなら、手が届きますね。スマホカバーと同じくらいの価格と言えます。

イヤホンの価格相場は?

  • オーディオマニアなら1万円くらい

  • 廉価品を卒業したいなら2,000~3,000円くらい

 


カナル型イヤホンが登場して、イヤホンの相場は格安になった!

「2,000円や3,000円じゃ良いイヤホンは買えないよ!」そんな声も聞こえてきそうですね。
たしかに、昔はそうでした。
しかし、「カナル型」と言われるイヤホンが登場して、そんなイヤホン市場の流れは変わりました。
カナル型とは、イヤホンの耳の部分にイヤーピース(プニプニの部品)がついている、耳の奥まで突っ込むタイプのイヤホンです。今ではほとんどがこの型ですよね。

 

カナル型イヤホンは、従来のインナーイヤー型イヤホンよりもずっと耳に密閉します。そのため、音が外に漏れずに、聴覚にしっかりと音が届くのです。この性質により、同じ安っぽいドライバ(スピーカー部品)を積んだイヤホンでも、従来のインナーイヤー型イヤホンよりもずっと鮮明な音が聞こえます!
そのため、ドライバを廉価品よりも一回り高級にするだけで、かなり音質が良くなるのです。
一般的な音楽ユーザーなら、このレベルでかなり満足できるでしょう。

 


ワイヤレスイヤホンは「音質」が良いわけではない・・・。

今の時代、良いイヤホンを求める人は、ワイヤレスイヤホンを中心に検討しているのではないでしょうか?
たしかにワイヤレスイヤホンは高性能ですが、「高音質というわけでもない」ので、注意が必要です。
音を電波で飛ばすその仕組みのため、音楽を聴くためのその「音質」は、有線のものよりもどうしても劣ります。音飛び、ノイズも発生しやすく、それらは音楽リスニングにとって最も致命的なストレスです。また、遅延が起きるため、ビデオ通話やネットゲームを楽しむ際なども向きません。
「コードのわずらわしさがない」「小型で持ち運びやすい」というのは長所ではあるので、それを重要視するなら、ワイヤレスイヤホンの購入も悪くはないでしょう。
また、ワイヤレスイヤホンは一般的に充電式で、充電が切れてしまうとまったく音楽が聴けなくなってしまうので、ご注意を(これは結構不便です)。

 


激安格安・ハイコストパフォーマンスでおすすめのイヤホンはコレ!

それでは、まずは2,000円~3,000円くらいの価格帯でコストパフォーマンスの優秀な、おすすめのイヤホンをご紹介しましょう。

Sound Reality ATH-CKR30iS オーディオテクニカ

ヘッドフォンブランドの大御所オーディオテクニカは、低価格帯のイヤホンも手掛けています。これらもクオリティが高く、コストパフォーマンスが非常に良いですね。
オーディオテクニカのイヤホンの低価格帯はどれもおすすめですが、中でも取り上げたいのが、Sound Reality ATH-CKR30iS。
9.8mm径の大きなドライバー(スピーカー)を搭載し、パワフルな低音を実現しています。オーディテクニカはあまり商品名を付けたがりませんが、「Sound Reality」と名を付けるところに音質へのこだわりを伺わせますね。その名のとおり、クリアで解放感があります。
この価格帯でマイク&リモコンがついているのもうれしいところ。
極めて小型に作られているので、イヤホンが耳に合わないと嘆く女性にもフィットしそうです。
カラー展開も6種類。ブラックは価格以上の高級感があり、ピンクなどは可愛らしいです。
あらゆる要素を詰め込んできており、低価格帯のニーズを独占しようという本気さが感じられます!オーディオテクニカは大衆ウケするブランドではないのでそれには至っていませんが、総合力、クオリティは素晴らしいです。
思わず熱く語りたくなってしまいます。

 


高級品でおすすめのイヤホンはコレ!

続いて、マニアでも満足できるクオリティの、1万円くらいの価格帯でおすすめのイヤホンをご紹介しましょう。

XX HA-FX99X JVC(ビクター)

高級品らしく重低音がしっかり出るのですが、がむしゃらに大きな重低音を出すのではなく、上品にバランスよくまとめられているのが秀逸です。ピラミッド型に全体のサウンドを支える、本来の低音パートの心地よさを聞かせてくれます。
高音質なだけでなく「タフ」なのもウリで、一生モノのイヤホンになりうる逸品です。毎日のようにイヤホンで音楽を聴く人にとっては特に、このタフネスは魅力的。
周波数帯域は5Hz~40KHzで、つまりハイレゾ対応でもあります!
品質的には1.5万円クラスなのですが、実勢価格8,500円くらいで手に入りそうです。高級品としては、コストパフォーマンスもかなり良いですね!
欠点を挙げるとすれば、カラー展開が黒しかないこと。カラフルなものを求める女性はちょっとためらうかもしれません。とはいえ、デザインは上品かつ高級感があり、女性が使っても違和感はないですね。

 


ワイヤレスでおすすめのイヤホンはコレ!

次は、ワイヤレスイヤホンのカテゴリーにておすすめの一品をご紹介します。ワイヤレスかつ、サウンドにこだわりたい人向けのチョイスです。

SOLID BASS ATH-CKS5TW オーディオテクニカ

ワイヤレスイヤホンもすでに多くのメーカーから多数機種が出そろいました。しかし多くは、デザインとオシャレ感を追うだけで音質的にはいまいち。やはり、オーディオを専門的に作ってきたオーディオテクニカが、音質面で強いです。
この機種は、SOLID BASSの名のとおり、物足りなくなりがちな低音の鳴りを充実させています。ただブーストするだけでなく、ドライバ(スピーカー部)の大きさからくる自然な厚みが心地よいです。音質バランスもよく整えられています。
ポップスよりはクラシックやジャズ向きな設計ですが、もちろんポップスやロックでも良い音を聞かせてくれますよ。
1回の充電で15時間の再生が可能。充電ケース併用なら最大45時間再生可能のパワフルバッテリーです。
再生周波数帯域は5Hz~40kHzで、ハイレゾもいけます。
カラー展開は3色で、ホワイトっぽいカーキもあり、女性でも満足できそう。

※ワイヤレスに慣れてからの購入を推奨!

このイヤホンは、ワイヤレス分野としてはかなり高音質な機種と言えます。しかし、ワイヤレスイヤホン特有の、ノイズや音切れ、そして耳から取れたり、重たく感じたり、といった欠点を、少なからず持ちます。
有線イヤホンから急にこのイヤホンに移ると、そうした使いづらさから、「イマイチだな」と不満に感じてしまいやすいです。しかしそれは、この機種が悪いのではなく、ワイヤレスイヤホン全体に言えることなのです。
そのため、ワイヤレスイヤホンに移行したいなら、まずは低価格帯のワイヤレスイヤホンを購入し、しばらく使ってみることをおすすめします。それでワイヤレス特有のデメリットを許容できると感じてから、この機種のような高額品に手を伸ばすほうが良いです。
もう一度繰り返しますよ?ワイヤレスイヤホン特有のデメリットを理解してから、購入するほうが良いです。
 

イヤホンの選び方のコツを徹底解説!

おすすめのイヤホンを一通り紹介したところで、後半ではイヤホンの選び方のコツ、その数々を、徹底解説していきます。
あなたも陥りがちなミステイクや勘違いがあるのでは?


ワイヤレスイヤホンのメリットとデメリット!ちゃんと理解できてる?

最近話題のワイヤレスイヤホン。飛びつく人は多いようですが、向き不向きがかなりはっきり分かれます。

ワイヤレスイヤホンのメリット!

ワイヤレスイヤホンのメリットは、なんといっても「ケーブルのわずらわしさから解放される」こと。ケーブルが絡まってイライラしたり、ケーブルに触れてしまうことで妙なノイズが入ってしまうことがなくなります。
小型、軽量を特徴とするものが多く、持ち運びがコンパクトになります。

ワイヤレスイヤホンのデメリット!

ワイヤレスイヤホンのデメリットは、実は結構たくさん・・・。
まず、音質は良いとは言えないです。高級なワイヤレスイヤホンなら、ノイズキャンセリングも搭載していますし、高級有線イヤホンと同じようにクリアな音作りがなされています。・・・が、ワイヤレス通信という特性上、どうしてもノイズが入ったり、音が途切れたりしてしまうのです。ノイズや音の途切れが全く入らないワイヤレスイヤホン機種は、今はまだ無いでしょう。
そして、音楽リスニングにおいてノイズは致命的に不快で、「音が悪く感じる」要因になってしまいます。

続いて、「充電が切れたらまったく音楽が聴けない」というのも大きな問題です。フル充電をしてもせいぜい15時間程度で、夜行バスに乗る人などは足りないかもしれません。ケースが充電機能を兼ねるものが多く、それならもう少し長時間再生が可能になりますが、「小型・軽量」という長所は消えます。
マメに充電をする習慣づけを徹底しましょう。

 

また、ケーブルがなく小型であることから、失くしてしまいやすいです。
高額品なものが多いため、失くしてしまったときのショックはなおさら大きく・・・。

最後に、値段が高めです。
ワイヤレス仕様であるだけで製品コストが高くつくため、同じ音質でも有線イヤホンより高くなります。

ワイヤレスイヤホンが向くのはどんな人?

端的に言って、音質にこだわりの大きい人にはワイヤレスイヤホンは向きません。有線イヤホンのほうが、リスニングが心地よく楽しめそうです。
ワイヤレスイヤホンが向くのは、第一に、流行好き、最新ガジェット好きな人です。先進的なものを身に付けていることが楽しい、という人に向きます。
また、ジョギングをする人など、有線イヤホンのケーブルにわずらわしさを感じやすい人にも向きます。

カナル型イヤホンのメリットとデメリット!ちゃんと理解できてる?

先端にイヤーピース(プニプニ部品)がついていて、耳の奥まですっぽりはめるタイプのイヤホンが、カナル型イヤホンです。今はほとんどがこの型ですね。

 

カナル型イヤホンのメリット!

カナル型イヤホンのメリットは、音質が良いことです。耳に密閉されることで、ドライバ部(スピーカー部)が流そうとしている音をかなり忠実に聴覚に届けてくれます。
従来のインナーイヤー型イヤホンは、音が外に漏れやすく、特に低音はかなり弱くて不満がちでした。
また、しっかり耳にフィットさせた場合、インナーイヤー型イヤホンよりも落ちにくいです。

カナル型イヤホンのデメリット!

カナル型イヤホンのデメリットは、耳への閉塞感が強いことです。イヤーピース(プニプニ部)がずっと耳の中に触れていますし、耳を圧迫しているからですね。
耳がむずむずとして耳かきしたく感じたり、疲労感を早く感じやすいです。
もう1つ、イヤーピース(プニプニ部)が上手くあなたの耳にフィットしないと、落ちやすい・はずれやすいです。そしてこのプニプニ部はイヤホン本体から外れ落ちやすく、紛失してしまいやすいのも難点です。これ、100円ショップでも売られていますよ。

目的別!イヤホン選びのポイントを解説!

どのイヤホンを選ぶべきか?それは、あなたがどのような目的で、どのようなシーンでイヤホンを使いたいと考えているのか、それによって異なります。
次は、目的別にイヤホンの選び方のポイントを解説しましょう。

通勤や通学の車内で音楽を聴きたい。

通勤や通学の際の、電車やバスの中で音楽を聴きたい。そのような目的を持っている場合、ポイントは2つあります。
1つ目は、「カナル型」タイプのイヤホンがおすすめです。カナル型は従来のオープンイヤー型に比べて密閉度が高く、車内の走行騒音に負けずに音を聴覚に届けてくれます。同じような価格帯、同じようなボリューム音量でも、快適な音楽リスニングが楽しめますね。
2つ目に、音にとてもこだわりたい人、イヤホンに結構な金額を費やせる人は、ノイズキャンセリング機能を持ったイヤホンがおすすめです。車内の雑音を抑えて、よりクリアに聞こえるのがノイズキャンセリング製品ですね。

通勤や通学の自転車・徒歩で音楽を聴きたい。

通勤や通学の時間が目的でも、その時間がもっぱら徒歩や自転車であるなら、おすすめのイヤホンのタイプは違ってきます。
カナル型は逆に、厳禁です!カナル型イヤホンは密閉感が強く、外部の音が聞こえづらくなります。後ろから車が迫っていたり、誰かが自転車のベルを鳴らす、呼びかけている、そうしたものが聞こえづらいのです。事故を起こしやすくなってしまいます。
そのため、カナル型ではなく従来のオープンイヤー型のイヤホンがおすすめです。
ノイズキャンセリングイヤホンも、自転車や徒歩の時間に聞くのには向いていません。

 

自宅で高音質で音楽を聴きたい。

休日や夜の余暇の時間に、自宅でのんびりと、高音質で音楽を聴きたい。そのような目的を持っている場合、ポイントは2つあります。
1つ目は、「ハイレゾ」対応のイヤホンです。または再生周波数帯域が5Hz~30kHzくらいの性能を持つイヤホンです。これらは、音源が持つ微細な音をかぎりなく忠実にクリアに再現してくれます。より良い音で音楽が楽しめるわけですね。
自宅の余暇時間など、周りが静かな環境で聴くときにおすすめです。電車内などノイジーな中でハイレゾ対応のイヤホンにこだわっても、正直なところあまり意味がありません・・・。
2つ目は、ノイズキャンセリング機能です。ノイズキャンセリング機能は、雑音と逆の信号を発生させることによって外部の雑音を抑える面白い機能。家で、よりクリアに豊かに音楽を楽しみたい場合も、ノイズキャンセリング機能は向きます。
ただし、乳児の世話をしているなど、常に周囲の音や声に気を配っていなければならないような人には、向きません。

3つ目に、イレギュラーなアドバイスとなってしまいますが、イヤホンよりもヘッドホンを検討することをおすすめします。耳をすっぽりおおいかぶせる音響機器ですね。
一般的に、ヘッドホンのほうが音が良く、耳疲れもしにくいのです。音楽をゆったりと聴きたいなら、イヤホンよりもヘッドホンが向きます。

ランニングや筋トレ、スポーツ時に音楽を聴きたい。

ランニングやウォーキング、筋トレ、その他のスポーツをしながら音楽を聴きたい。そのような目的を持っている場合、ポイントは2つあります。
1つ目は、「防水・防滴」性能です。スポーツをすると汗をかきますが、その汗で故障しにくいイヤホンのほうが良いわけですね。・・・と一般的には言われているのですが、防水・防滴のないイヤホンでも汗で故障することはまずないので、よほど水しぶきを浴びるスポーツでないかぎり、こだわる必要性は薄いです。
2つ目は、ワイヤレスイヤホンです。ジョギングをしているとき、ぶらつくイヤホンケーブルを手でなぎはらってしまって、耳から外れたり飛んでいってしまったり・・・そんなわずらわしさを軽減してくれます。カナル型イヤホンのイヤーピース(プニプニ部)を紛失しにくくもなるでしょう。
3つ目に、インナーイヤー型イヤホンであることです。カナル型イヤホンは周囲の音が聞こえづらく、後ろのランナーが「よけて!」とアピールしているのに気づけなかったり、クルマの迫る音に気づけなかったりする危険性が大きいです。

 

飛行機や新幹線移動で音楽を聴きたい。

飛行機や新幹線など、長時間移動の際に音楽を聴きたい。そのような目的を持っている場合、ポイントは2つあります。
1つ目は、ノイズキャンセリング機能です。飛行機はエンジン騒音が非常に大きく、イヤホンからの音もかなり遮られてしまいます。音楽をより良い音で聴きたいなら、ノイズキャンセリング機能のあるイヤホンがおすすめできます。
2つ目は、「充電式でないイヤホン」です。実質的に、「ワイヤレスイヤホンでないほうがよい」ということになります。ワイヤレスイヤホンに見られる充電式イヤホンは、充電がなくなると音楽が聴けなくなってしまいます。長丁場の移動時間の際に充電切れで音楽が全く聴けないというのは致命傷で、充電式でないほうが良さそうです。
また、旅行や出張ではものを置き忘れたり失くしたりしやすく、それを取り戻すのも難しくなります。ワイヤレスイヤホンは高価なうえに紛失しやすいため、大型外出に持っていくのは向いていません。

ハイレゾ対応のロゴがないイヤホンでも、ハイレゾ音源は聴けるの?

とても興味があるけれど、いまいちよくわからないハイレゾ。そんな人が多いのではないでしょうか?
「ハイレゾ対応」というロゴが付いていても、手に取ってみると非対応のものと違いのないイヤホンやスピーカーが多いものです。接続端子は同じだし、見た目も同じだし・・・。

イヤホンにおけるハイレゾの定義とは?

イヤホンにおいて、「ハイレゾ対応製品」とはどのようなものを指すのでしょうか?
日本オーディオ協会の定めるハイレゾの定義としては、「40kHz(40,000Hz)以上の高域を再生できること」です。ハイレゾのロゴマークがついていなくても、周波数帯域が高音側で40,000Hzを超えたものなら、ハイレゾ音源のだいご味を堪能することが可能。
そして、高級なイヤホンやヘッドホン、スピーカーにおいては、ハイレゾなどという言葉が登場するずっと前に発売されたものでも、40,000Hzを超えるものはごろごろあります。
あなたの家の古い高価なイヤホンのパッケージやネットカタログを見てみてください。「定格周波数範囲:6Hz~45,000Hz」などと書かれていませんか?それ、ハイレゾのロゴマークがついていないとしても、ハイレゾ音源にばっちり対応しています♪

 

そして、ハイレゾ対応していないイヤホンでも、とりあえず音楽は聴ける。

あなたの持っているイヤホンが、ハイレゾのロゴマークが無く、「定格周波数範囲:20Hz〜20,000Hz」などと書かれていてハイレゾ対応の基準を満たしていないとしても、ハイレゾ音源を聴くことは可能です。
ハイレゾ音源の、20Hz~20,000Hz内の音だけが再生されます。ハイレゾ本来の音のクリアさ、豊かさが存分に再現されるわけではないのですが、普通に音楽を楽しむことは出来るのです。

ハイレゾ対応していないイヤホンのほうが高音質なこともある!

意外な話ですが、ハイレゾのロゴマークもついていない、周波数帯域が40,000Hzに全く及ばないイヤホンでも、ハイレゾ対応を謳うイヤホンより音が良いこともあります!
イヤホンやヘッドホン、スピーカーの音というのは、必ずしも周波数帯域の広さだけに左右されるものではありません。サラウンド感の強いものや、低音を豊かに出すもの、低、中、高音のバランスが良いもの、音のクリアなものなどは、周波数帯域が20Hz~20,000Hzなどと狭めのものでも、音質良く感じられたりします。

 

イヤホンがハイレゾ対応でも音源がハイレゾ非対応なら意味がない・・・

そして、いくらイヤホンがハイレゾ対応の定格品でも、「定格周波数範囲:4Hz〜50,000Hz」と書かれた世界トップクラスの精密品であっても、音源の側がハイレゾ非対応ならまるで意味がないのです・・・。
近年主流の音楽配信(ダウンロード購入する曲、Youtubeで流れている曲・動画、ウェブサイトで流れている曲・動画)のほぼすべてがハイレゾ音源ではなく、こうした一般的な音源を聴いているなら、ハイレゾ対応のイヤホンを入手することに、ほとんど意味はありません・・・。
音質にこだわってハイレゾ対応イヤホン、周波数帯域の広いイヤホンを入手するなら、「ハイレゾ音源」と明記されたCDやDVDなどを買ってくる必要がありそうです。

 

スマートフォンでもハイレゾ音源は聴けるの?

イヤホン、スピーカーなどのアナログデバイスよりも、再生側のデジタルデバイスのほうが、ハイレゾ対応か非対応かに大きく左右されます。
ハイレゾ対応のスマホとは、「24bit/96kHz」以上のサンプリング周波数(~kHz)/量子化ビット数(~bit)を再生できるものを指します。よくわからないですね・・・。基本的に、カタログやウェブサイト特設ページで「ハイレゾ対応!」と明記されたスマホ機種だけだと考えてください。
すでにハイレゾ対応のスマートフォン機種は100種類を大きく超え、格安スマホの中にも選択肢はあります。
ソニー、エクスペリアなど、ハイエンド端末に強いメーカーがハイレゾ対応する印象があるでしょうが、OPPO、ファーウェイなどの低価格帯に強いスマホ、シャープ(アクオス)、富士通(arrows)などの日本製にも、ハイレゾ対応機種は出てきています。ASUSのZenFoneにもありますね。
iPhoneはハイレゾ対応には積極的ではないようで、iPhoneでハイレゾ音楽を思いきり楽しみたいと考えると、自力でのカスタマイズが必要になり、ちょっと大変そうです。
 

人気のイヤホンメーカーの特徴・長所・短所。

多くの人に親しまれている人気のイヤホンメーカーについて、それぞれの特徴、長所、短所をわかりやすく解説します。ある人が「最高!」とおすすめしていても、あなたの好みには合っていないかもしれないのですね。イヤホンメーカーにはそれぞれ、特徴があります。

Audio-technica(オーディオテクニカ)イヤホンの特徴・長所・短所は?

音質を重視するなら、最もおすすめなのはAudio-technica(オーディオテクニカ)です。その名のとおり、オーディオ機器の技術面にこだわる物作りのポリシーを持ち、その精度は非常に高いです。
海外メーカーのイメージがありますが、実は日本のメーカーです。
日本の工業メーカーならではの繊細な技術力がある企業で、海外の有名人気オーディオメーカーよりも、技術力は高いと言い切れます。かつ、価格も安めです。
イヤホンも、エントリーモデルからプロ用、超ハイエンドまで幅広く手掛けており、どんな層にもおすすめ。エントリーモデルはコストパフォーマンスの良い機種が多いですよ。
「良いイヤホンが欲しいが細かく品定めするのは面倒くさい・細かいことは自分ではよくわかならい」そんな人は、とりあえずオーディオテクニカを漁れば失敗しません。ポップカラーなどデザイン重視で選んでも、音質的に大きな失敗はしないでしょう。
メーカーでざっくり区切るなら、オーディオテクニカが最もおすすめです。

 

Apple(アップル)イヤホンの特徴・長所・短所は?

オーディオの素人でも、知らない人はいないでしょう。iPhoneやiPodoを手掛ける巨大デジタルメーカーです。
iPodの生みの親であることから、イヤホンの音質にも長けるイメージがあるかもしれませんが、実はそれはカンチガイ。
アップルは、イヤホンの音質はそんなに高くありません。iPodなどのオーディオプレーヤーにおいても、「音質」の面ではそうこだわっておらず、高音質ではないです。アップルは、音質よりもデザインやシンプルな機能性、オシャレなブランド感に特化したことから世界的な人気を得ました。ブランド企業であることから各製品の価格は高めで、iPhoneやiPodに付属するイヤホンも、バラで買おうと思うと結構高額なのですが、音質はそう高くありません。
単体品のイヤホンについても、近年話題のワイヤレスイヤホンにおいても、「音質」はそう優れていないのでご注意を。デザインや小型な携帯性、先進性に優れます。

 

SONY(ソニー)イヤホンの特徴・長所・短所は?

アップルが世界の王者なら、日本のオーディオ界の王者はSONYソニーと言えるでしょう。ウォークマンを開発したことから、その地位はゆるぎないものであり続けています。もちろん、世界的にも大きな支持を得ています。
ソニーは、CMやカタログなどで「音質重視」を謳っていますが、実はそうでもないです。イヤホンなどの製品の傾向自体は、どちらかと言えばアップルに近く、デザイン、先進性、オシャレなブランド感に力を入れています。
「最新技術」の開発・導入へのこだわりが強く、これが当たると業界の話題・人気をかっさらっていきますね。
イヤホンの音質に、こだわりがあるにはあるのですが、「流行の音」を追う(牽引する)傾向にあり、たとえば重低音が良く出てはいても、「出すぎ」だったりします。こってりしたお菓子のような、好き嫌いのはっきり分かれるサウンド傾向です。
モニターヘッドホンなどプロ現場向けのものは、オーディオテクニカのような日本らしい精巧な音作りを見せます。

 

JVC(ビクター)

年配者にはそこそこなじみの深いメーカーであるはずです。「JVC」と書かれるとピンとこないかもしれませんが、「ビクター」と言えば知らないことはないでしょう。
古くはテレビなども作っていました。家電の製造はかなり狭くなりましたが、本来の得意分野であるオーディオ機器ではまだがんばっています。そう、ビクターは本来、オーディオ機器を得意とするメーカーで、イヤホンにおいてもそのクオリティはかなり高いです。犬のロゴはカワイイですが、職人気質のメーカーです。
近年、イヤホンの分野では、「重低音かつタフボディ」「スポーツ向けの防水性能」など、コンセプチュアルな開発方針で、他社との差別化を図っています。いえ、ニッチな特徴を掲げていても、音質は軒並み良好です。
ウッドコーンスピーカーにイメージされる暖かい音作りが特徴で、日本人好みの音質と言われています。もっと宣伝上手になれば、もっと支持されるような気がします。
なお、1,000円台、2,000円台くらいのエントリーモデルも結構出していますよ。

SENNHEISER(ゼンハイザー)

Sから始まりますが「ゼ」と発音します。ドイツの老舗オーディオメーカーで、オーディオ専門メーカーとしては割と有名なほうでしょう。
「原音忠実再生」的なコンセプトが強い、職人気質なメーカーです。そのうえ、ヨーロッパ特有のデザインセンスの良さがあり、デザイン重視で選んでも高音質なアイテムが手に入る、うれしいブランドです。ただし、値段はやや高い傾向にあります。
小型、軽量、スリム、コンパクト、といった、日本人好みの細かな機能性はあまり得意としていません。

 

beats(ビーツ)

2006年創設の、まだ若いアメリカのオーディオ企業です。2014年に、iPhoneのアップルに買収されています。ブランド名は残っており、今でもbeatsの名前でイヤホンなどをリリースしています。
もともとがヒップホップ・ラッパーの音楽プロデューサーに立ち上げられたブランドで、重低音をたくましく響かせる音傾向を持ち味としています。
比較的安価でファッショナブルなデザインのイヤホンが多いです。

Panasonic(パナソニック)

オーディオ製品も手掛ける総合家電メーカーのパナソニック。
イヤホンのリリースも豊富ですが、音質よりも機能性やデザイン、カラーバリエーションの豊富さにこだわる特徴を持っています。若者に人気のメーカーと言えます。
ファッショナブルなデザインかつ安価な機種が多いため、若者世代を中心に、シェアは結構大きいです。また、家電量販店のみならず、スーパーやレンタルCD屋、ディスカウントショップなど、販売する店舗が多いのも魅力です。

Pioneer(パイオニア)

現在はカーオーディオのメーカーといったイメージの強いパイオニアですが、もともとは職人気質な本格派オーディオメーカーです。
ビクターと似た立ち位置にあり、音質が良い割に宣伝が下手で、あまり知名度が高くありません。イヤホンの音質はかなり良く、安価な機種も多数出しており、コストパフォーマンスの良いメーカーです。
近年は、スポーツ用などコンセプチュアルな機種に力を入れる傾向にあります。

ELECOM(エレコム)

パソコン周辺機器を幅広く手掛けるエレコム。イヤホンも豊富に開発しており、コストパフォーマンスの良い良心的な機種が多いです。
イヤホン分野では、3万円もするような上位機種も出してはいますが、基本的にはライトユーザーを意識した低価格帯、そして7,000円くらいの中価格帯のアイテムが多くなっています。マイク付きの、パソコン向けイヤホン、スマホ通話向けイヤホンに強いのですが、音質についてもなかなか上質です。


 

いかがでしたか?

イヤホンは、オーディオ機器でありつつも、「ファッションアイテム」な側面も強い特殊な立ち位置にあります。人気が高い機種は、音質が良いというよりは先進的な機能を持っていたりデザインが良かったり、話題性があるものが多くなっています。つまり、音質にこだわりたいなら、人気ランキングでイヤホンを選ぶのはあまり賢明ではないです。
音質の良いイヤホンは、あまり雑誌やネットで話題になってはいなかったりするので、慎重にリサーチをすることが大切です。また、近年話題のワイヤレスイヤホンは、どうしてもノイズや音切れが発生しやすく、音質が良いとは言えないので、ご注意を。
音質にこだわる人、家など静かな場所で音楽を聴く人は、まだ有線イヤホンのほうがおすすめですよ。

「プチプラ大辞典」は本当に良コスパなものしか勧めません(*'▽')

こうした情報サイトは一般的に、アフィリエイト(宣伝収入)が目的に運営されています。当サイト管理人は、アフィリエイトサイトの運営を幾つか手掛けましたが、ビジネスがヘタで利益にならないので、もうあきらめました(笑)
このサイトにもアフィリエイトバナーは貼ってありますが、広告収入はほんと期待していません。それよりも、「フェアで信頼できるプチプラ情報サイト」​をコンセプトに記事を書いています。
不況時代の今、幅広く皆さまのお役に立てたら幸いです(*'▽')

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now