化粧水のおすすめはコレ!乾燥肌?敏感肌?脂性肌?肌タイプ別に解説♪

あまりにも種類が多すぎて、何を選べばよいのかわからなくなってしまう化粧水。ついついCMで見たものやクチコミサイトで高評価されているものをそのまま鵜呑みにしてしまいますよね。でも、イマイチ自分には合っていなかったり・・・
そんなあなたに、化粧水の適切なおすすめ情報、お教えします♪
そう。化粧水は万人向けのものはないので、お肌タイプに合わせておすすめ品も変わってくるのですよね。
デパコスだけでなく、ドラッグストアでの市販品やネットショップ、Amazonで買えるものまで幅広く紹介していきます!

 


乾燥肌?敏感肌?脂性肌(オイリー肌)?混合肌?「肌タイプ」によっておすすめの化粧水が違ってくることを理解すべし!

化粧水選びで最も重要なことがこれです。化粧水は、乾燥肌、敏感肌、脂性肌(オイリー肌)、混合肌といった肌タイプによって選び分けるべきなのですね。
同じ人間の肌でも、乾燥肌なのか脂性肌なのか、それとも敏感肌なのかによって、補うべき成分は違ってきます。乾燥肌の人にとって「有効」と言われる成分も、敏感肌の人にとっては肌トラブルの元凶になってしまうこともあったり・・・。
だから、広告やクチコミなどで「すごい!」「売れている!」などという表面的な評判だけで判断すると、失敗してしまいがちなのです。
「あなたの肌タイプに合ったものを選ぶ」
これは常に、頭に入れておきましょう。
この記事でももちろん、肌タイプごとにおすすめ品をご紹介していきますよ。

 

 

肌タイプの診断方法は?

肌タイプのカンタンなセルフ診断については、当ページの後半で解説しています。
↓私の肌タイプはどれ?カンタン解説!


乾燥肌におすすめの化粧水は?

米肌(マイハダ)肌潤化粧水 KOSE(コーセー)

乾燥肌におすすめの化粧水は、KOSEの米肌肌潤化粧水です。
あちこちのランキングやクチコミで高い評価を受けているので、ご存じの方も多いことでしょう。
米肌肌潤化粧水は、ライスパワーNo.11という独自開発の有効成分が、肌の内側から、セラミドを増やすことによって保湿をします。これが、潤いの豊かさと長い持続性のヒケツなんですね。
トライアルセットも1,500円で提供されており、試しやすいです。

 


乾燥肌におすすめのプチプラ化粧水は?
ハトムギ化粧水(ナチュリエ)

続いて、プチプラ価格帯で乾燥肌におすすめの化粧水です。
こちらも超有名ですね!しかし、ただ有名なだけではなく、たしかに実力があり、そしてコストパフォーマンスがとても良いのです!
乾燥肌は、要は肌を充分に保湿することが大切なのですが、格安大容量で有名なこのハトムギ化粧水もしっかり保湿成分は配合されており、充分な乾燥肌対策効果がありますよ。
安いうえに大容量なので、たっぷりパシャパシャ付けられますし、何度でも付けられるのが良いですね。顔だけでなく全身に使うこともできます。
なお、様々なメーカーが同じような「ハトムギ化粧水」を出していますが、「ナチュリエ」が最もおすすめ。

 


脂性肌(オイリー肌)におすすめの化粧水は?
皮脂トラブルケア化粧水 キュレル

脂性肌(オイリー肌)におすすめの化粧水は、キュレルの皮脂トラブルケア化粧水です。
お肌に最も重要な成分セラミドを「守って」「補う」ダブルのコンセプトを持ったキュレル。皮脂の過剰な分泌を抑えてさっぱりしあげつつも、ちゃんと保湿美容を大切にしています。
ニキビタイプの脂性肌も、テカりタイプの脂性肌も、どちらにもおすすめできますよ。
無香料、無着色、アルコールフリー、弱酸性と無添加仕様にもこだわりを見せており、非常にバランスがとれた、総合力の高い化粧水ですね。
価格がお手頃なのも見逃せません!

 


脂性肌(オイリー肌)におすすめのプチプラ化粧水は?
スキンコンディショナーローション ナリス

続いて、プチプラ価格帯で脂性肌(オイリー肌)におすすめの化粧水です。
「え!?400円台!?」目を疑うような激安プチプラの、ナリス スキンコンディショナーローション。脂性肌の中でも特にニキビ肌、ニキビ跡におすすめです。ビタミンC誘導体といううるおい成分は、さっぱりとした使用感を持つので脂性肌向け化粧水に適しているのですが、それだけではありません!実はビタミンC誘導体は、メラニンの生成を抑制する美白効果もありますし、抗酸化作用(ニキビ抑制)も高いのです。
パッケージには「プレ化粧水」「ローションパック」と書かれているかもしれませんが、普通に洗顔後の化粧水として使って大丈夫♪もちろん化粧下地にもなります。
普通肌、敏感肌、混合肌にも良いです。

 


敏感肌におすすめの化粧水は?
ヒフミド エッセンスローション 小林製薬

敏感肌におすすめの化粧水は、小林製薬のヒフミド エッセンスローションです。
セラミドの中でも肌への浸透力が高いヒト型セラミドにこだわっています。さらに濃度へのこだわりも他社を圧倒していて、一般的な化粧水のセラミドが濃度0.1%程度なところ、ヒフミドはなんと、4パーセント!
有効成分をセラミドに特化したことから肌への刺激が少なく、敏感肌の人でも安心して使えますし、うるおい保湿効果も高いです。
セラミドが減少しがちな50代、40代には特におすすめですし、そうでない若い人にも良いですね。

 


敏感肌におすすめのプチプラ化粧水は?
純白専科 すっぴん美容水II 専科(センカ)

続いて、プチプラ価格帯で敏感肌におすすめの化粧水です。
敏感肌は、多くの成分が肌荒れに繋がってしまうため、高価格な成分を配合しなければならなくなりがちで、激安プチプラの化粧水やスキンケアアイテムを探すのが難しいですね。
そんな中でもおすすめなのが、専科の純白専科 すっぴん美容水II。美容成分を天然由来のもの(米ぬか)、はちみつ、白真由エッセンスなど)で配合しているのが特徴で、敏感なお肌を守りつつも美容効果が高いです。また、メラニン生成を抑える美白化粧水ですらあるのが驚き!
非常にコストパフォーマンスの高いプチプラ化粧水ですね。
敏感肌だけでなく、普通肌、脂性肌、混合肌の人にもおすすめできます。

 


混合肌・普通肌におすすめの化粧水は?
皮脂トラブルケア化粧水 キュレル

混合肌におすすめの化粧水は、基本的に脂性肌向けのおすすめ品と同じです。要点は皮脂の過剰な分泌を抑制したり、ニキビ予防効果、ニキビ炎症対策に優れたものが有効なのですね。
キュレルの皮脂トラブルケア化粧水は、このコンセプトをセラミド重視で行っているため、若い人から50代女性まで、幅広く活用できます。無添加処方が充実しているのも良いですよね。
普通肌の人はどの肌タイプの化粧水にも合いますが、特にこの皮脂トラブルケア化粧水がおすすめ。

 


混合肌・普通肌におすすめのプチプラ化粧水は?
スキンコンディショナーローション ナリス

プチプラ部門でも、混合肌向けは脂性肌向けと同じものがおすすめできます。
400円~500円と激安ながらも大容量で、美白効果までもをも兼ねてしまうナリスのスキンコンディショナーローションが、圧倒的におすすめ!
スキンコンディショナーローションご自慢のビタミンC誘導体は抗炎症作用もあるため、ニキビ対策も兼ねていますよ。
普通肌の人にも、プチプラ志向ならナリスのスキンコンディショナーローションがおすすめです。

 


小鼻の毛穴詰まりにおすすめの化粧水は?
プロアクティブ リバイタライジングトナー

小鼻などの毛穴詰まり悩む人におすすめの化粧水は、プロアクティブ リバイタライジングトナーです。
もはやニキビ対策洗顔フォームのランキング常連のプロアクティブ。このラインの薬用化粧水も毛穴詰まり、毛穴汚れ対策に秀でており、単品使いでもおすすめできます。
有効成分グリコール酸が、毛穴の奥に溜まった古い角質・老廃物を落とし、毛穴を引き締めてくれます。保湿成分ももちろん配合していて、お肌の水分と油分のバランスコントロールに優れます。
コットンを使って、優しいタッチでケアすることが推奨されていますね。覚えておきましょう。
学生向け、十代向けというイメージがありますが、結構値段は張ります。

 


小鼻の毛穴詰まりにおすすめのプチプラ化粧水は?
ネイチャーコンク 薬用クリアローション ナリス

続いて、プチプラ価格帯で小鼻の毛穴詰まりにおすすめの化粧水です。
近年、角質ケア系化粧水で高評価を保ち続けており、知っている人も多いでしょうか。ナリスのネイチャーコンク 薬用クリアローション。
ハトムギ由来の有効成分でしっかりと角質を除去し、くもりのない垢ぬけ肌へと導いてくれます。植物エキスで保湿も叶え、さらにはメラニン生成を抑制する、いわゆる美白化粧水の効果も!
ちょっと高級感のあるデザインも良いですね。
コットンを使ったふき取りタイプの化粧水なので、把握しておきましょう。
なお、朝に洗顔することが好きでない人、忙しい人などは、これを使ったふき取りケアが洗顔の代わりにもなります。スグレモノ!
これで実勢価格800円は優秀です。

 


10代におすすめの化粧水は?
レシピストしっかりうるおう化粧水 資生堂

格安プチプラながら様々な条件を満たしてくれるレシピストしっかりうるおう化粧水が、十代女子にはおすすめ。メーカーが超大手の資生堂なのも安心ですよね。
化粧水ですが、しっとり感は濃密で、美容液を兼ねることもできます。ヒアルロン酸、ローズエキス、アプリコットエキスと、美容成分もしっかり配合されていますよ。しかも自然由来の美容成分にこだわっていますから、刺激が少なく繊細肌な人にも安心です。
ニキビができにくい処方にもなっています。
詰め替え用も用意されており、さらにお得になりますね!

 


20代におすすめの化粧水は?
美白美容液VC ちふれ

美白への興味が強まる二十代女子におすすめな化粧水が、ちふれの美白美容液VCです。
800円ほどで容量30mlというとかなり高く思えますが、この内容・品質のものとしては驚くほど安いです!ちふれだからこそ出来るコスパ・プチプラですね。
保湿力が非常に高く、ビタミンC誘導体によって美白効果もカバーしています。さらに、無香料、無着色、アルコール不使用の無添加処方まで網羅しているからすごいですね。
美白美容液の名のとおり、もとは美容液なので、洗顔後のスキンケアはこれ一本でもOKです。オールインワンのように使えますよ。

 


30代におすすめの化粧水は?
米肌(マイハダ)肌潤化粧水 KOSE(コーセー)

三十代におすすめの化粧水は、乾燥肌のトピックでもご紹介した、コーセーの米肌(マイハダ)肌潤化粧水です。
肌の衰えが始まる三十代は、表面的な保湿だけでなく内側からしっかり美肌ケアをしたいですよね。ライスパワーNo.11のセラミドによって、肌内部のセラミドを育てていくアプローチの米肌で、本格的な美肌作りに取り組みましょう。
価格がやや高くなってきますが、この価格帯の中では米肌のクオリティの高さは頭一つ出ていますね。


40代、50代におすすめの化粧水は?

ヒフミド エッセンスローション 小林製薬

エイジングケアを重視したくなる四十代女性は、セラミド含有量の多い化粧水が圧倒的におすすめです。その条件に合うのが、敏感肌のトピックで紹介したヒフミド エッセンスローション(小林製薬)。
とにかくセラミドの含有量が圧倒的に多く、4%というのは他の追随を許しません!しかも肌浸透性の高いヒト型セラミドにこだわっています。
また、セラミド豊富な化粧水の中でも比較的安価なのもおすすめポイントです。小林製薬というと、ユニークな医薬品を作る会社というイメージがあるかもしれませんが、ヒフミド エッセンスローションは本格派なのでご安心を。
もし、使用感がやや物足りない、心地よくないとしても、長い目で見て肌のアンチエイジングや健康を見越して使い続けることをおすすめします。
セラミドの減少が続く50代、それ以降も、同じくこのヒフミド エッセンスローションがおすすめです。

 


私の肌タイプはどれ?カンタン解説!

自分の肌タイプをまだわかっていないですか?識別方法をカンタンにわかりやすく、解説しましょう。
およそどんな人も、このトピックを読めば自分の肌タイプがわかるはずですよ。

 

診断方法:まずお風呂上りに5分ほど、肌を放置してみよう。

まず、お風呂上りや洗顔後に、すぐにスキンケアをしないで、5分ほど放置してみてください。その状態が最も、肌のタイプがわかりやすいのです。
さて、あなたの肌状態は下記のどれに最も近いでしょうか?

普通肌はこんな特徴。

普通肌の人は、5分放置してもつっぱりやかさかさを感じず、少女のような肌をしています。赤ちゃん肌、とまではいきませんが、十代女性のようなハリや若々しさがあります。
平成世代には、普通肌の女性が多いです。
自分の肌タイプがわからない、と感じている女性は、普通肌であることが多いですよ。特徴がないということは、肌の健康状態が良いのです。

 

乾燥肌はこんな特徴。

乾燥肌の人は、自分の肌タイプがわかりやすいでしょう。洗顔後に5分も放置すれば、あからさまに乾燥やカサカサ、つっぱりを感じるからです。白い粉が噴き出るなら、乾燥肌がかなり深刻な状態!確実に乾燥肌用のスキンケアをしたほうが良いです。
十代、中高生など若いのに化粧水を使いたいと感じる場合、乾燥肌であることが多いです。

脂性肌(オイリー肌)はこんな特徴。

脂性肌の人は、肌が皮脂でテカテカしがちな特徴があります。洗顔後5分程度でも、こうした兆候が見受けられるでしょう。洗顔後5分後で現れないとしても、肌のテカりがよく気になるなら、脂性肌でしょう。
毛穴汚れ、毛穴詰まりに悩みがちな人、ニキビに悩みがちな人も、脂性肌の可能性が高いです。

 

混合肌はこんな特徴。

混合肌は、脂性肌と乾燥肌の複合する肌状態です。一般的に、皮脂の出やすいTゾーン(おでこ、鼻筋)は脂性肌でテカテカし、Uゾーン(ほほ、口周り)は乾燥肌でかさかさ、粉ふきが出ます。

 

敏感肌はこんな特徴。

敏感肌は、肌にピリピリと痛みを感じたり、赤み、湿疹、かゆみなどの肌荒れが出やすいものです。整髪料が触れたり、化粧品、化学添加物の多いスキンケア商品を付けることで、かゆみ、かぶれ、不快感を感じやすいです。
スキンケアアイテムが肌の不快感や肌荒れの原因になってしまいやすく、適したアイテムを選ぶのが難しいです。基本的には「敏感肌用」と特記されたアイテムを使うべきで、無添加処方の配慮されたものが適しています。価格も高くなりがちです。

 

※肌タイプは変化しうる!

肌タイプというのは、生まれ持った体質や宿命ではありません。
結局のところ、とても健康的に暮らしていれば、誰もが普通肌です。そして、食生活やストレス、気候湿度環境などの影響から、脂性肌に傾いたり乾燥肌に傾いたりします。
たとえば、5年前のあなたが、デパートのコスメコーナーのカウンセリングで「乾燥肌ですね」と言われたとしても、今のあなたも乾燥肌だとは限らないのですね。空調過剰な職場に移ったとか、お酒をよく飲むようになったとか、環境・生活習慣の変化によって、肌タイプが変化した可能性もあります。
自分の肌タイプがよくわからないとき、デパートのカウンセリングコーナーのプロの人に診断してもらうことで識別しやすい、という面があるかたわら、以前プロに診断してもらったとしても、いつまでもそれが正解とも限らないのです。
なお、敏感肌については、生まれ持った体質による面が大きいです。敏感肌は、高額な化粧水、美容液などをたっぷり使っても、大幅に改善することはあまりなさそうです。

 


デパコス、高級化粧水でも肌トラブルが改善しない!どうして?

化粧水にこだわる人は、新しいものを試しても思うように肌トラブルが改善せず、どんどん高額な化粧水に手を出すようになっていきがちです。そうしてデパコスや高額な化粧水を買ってみても、まだ肌トラブルが改善しない・・・。そんな人、少なくないでしょう。高評価を得ている高額な化粧水を使っても肌トラブルが改善しないのは、どうしてなのでしょうか?どうすれば改善できるのでしょうか?

 

肌トラブルは化粧水だけでは改善しない!生活習慣全体の見直しが必要。

基本的に、肌トラブルは化粧水やスキンケアアイテムだけでは改善しないです。どんなに高級なデパコス化粧水でも、高級ブランドをラインで使っても、改善しきらないでしょう。
化粧水はずいぶん高性能になったものですが、しかし肌は食べ物や生活習慣によって作られている側面もあるからです。
肌トラブルの改善、アンチエイジング、ニキビ改善、美肌、いずれにせよ、生活習慣全体を見直していくことが大切ですよ。

美肌のためには、ヘルシーな食生活を心がけよう!

化粧水の多くは、ヒアルロン酸などの栄養成分を配合していますよね。つまり、お肌の健康のためには栄養素が不可欠なのです。そして、人間の体が栄養を摂るために最も大切なのは、食事です。「食べるものが体を作る」ですね。
また、添加物の多い食品を食べると、その不純物によって肌が荒れてしまいがち・・・。これももう、有名になってきましたね。
美肌を望むなら、ヘルシーな食生活を心がけましょう。
タバコは、完全に断ったほうがよいです。タバコは最も肌に悪いです。
次いで、お酒も極力控えましょう。アルコール、そしてお酒に付随する脂っぽい食べ物や「食べ過ぎ」も、お肌に悪いですよ。
お肉もあまり食べ過ぎないようにしましょう。お肉は、重要なタンパク質源であり動物性栄養素の源なので、完全に断つことは推奨できません。お魚はたくさん食べてもよいですよ。
甘いもの、お砂糖は、肌荒れの原因となりやすいです。スイーツの食べ過ぎにも気を付けて。
そして、野菜を多く食べましょう。野菜の摂取が難しければ、野菜ジュースを活用するとよいです。ランチのおともに野菜ジュースを買ったり、1リットルのパックジュースを冷蔵庫に常用しておくとよいですね。ビタミンサプリに頼るよりも、野菜を食べたほうが良いです。食物繊維を摂取して排毒を促すことなども、重要だからですね。
食生活をヘルシーに改めると、お肌の状態はかなり変わるはずです。

 

適度に運動をして、老廃物をデトックスしよう!

肌荒れの原因に、体に溜まった老廃物があります。これを適切に排出するためには、適度に運動をする生活習慣を身に付けましょう。
筋トレというよりも、しっかり汗を流せる運動が良いですね。汗と一緒に、老廃物は排出されるのです。
「運動しよう」と気張ると、女性にとっては気が重くなりがちですよね。そのため、「楽しく体を動かす」というふうに意識するとよいです。ダンスやカラオケ熱唱のようなものが楽しそうです。
半身浴を頻繁に楽しむのも良いですね。

洗顔で肌に負担をかけてしまっていない?

肌をキレイにするための洗顔が、肌の細胞を壊すことになってしまっているケースも少なくありません。
ゴシゴシとこすって肌に摩擦負担をかけてしまっていませんか?洗顔剤をしっかり泡立てて、「泡で洗う」という感覚をつかみましょう。
二度洗いは、肌に負担をかけてしまいがちです。二度洗いが必要だと感じるなら、洗顔剤を変えましょう。または、30秒くらいかけてゆっくり洗顔することを心がけましょう。
熱いお湯も肌に負担がかかってしまいます。お風呂の温度は40度くらいになっているでしょうが、これでも顔を洗うには高すぎです!37度くらいが適温なので、顔を洗う際は少し温度設定を下げるか、水と混ぜて温度を調整しましょう。37度にこだわらず、「ぬるま湯」にすれば充分です。
タオルドライも、なんとなくやるとお肌を痛めがち。ゴシゴシと顔をこすっていませんか?それが肌の細胞を傷つけてしまいます。ぽんぽんと肌を押さえる感じで、水分をとりましょう。

 

枕カバーなどが不潔になっていない?

夜眠るときに長時間触れる、枕カバーや布団カバー。これらが汚れていると、肌にダメージを与えてしまい、ニキビや肌荒れの原因となってしまいます。洋服は毎日洗濯していても、枕カバーなどは長いことおろそかになってしまっていませんか?
汚れが溜まらないうちに、定期的に洗濯をしましょう。整髪料を使う人、化粧をしたまま布団に寝転がることがある人は、汚れやすいので頻繁に洗濯をすべきです。

 

また、枕カバーやシーツの「質感」も、肌荒れを引き起こしてしまうことがあります。
たとえば、毛玉の多いカバーのざらざらした触感に長時間触れていると、肌トラブルを起こしてもらうことがあります。ポリエステル製、ポリエステル混などのシーツ、カバーは毛玉が出来てしまいやすいのでご注意を。
また、格子織などのざらざらした質感の布地も、人によっては肌荒れを起こしてしまいます。

 

仕事や人間関係でストレスが溜まっていない?
ストレスが肌荒れを引き起こしてしまうことも、だんだんと知られてきました。
しかし、肌ケアのために生活のストレス源を減らそうと努める人は、まだあまり多くない様子。
仕事がキツすぎませんか?高収入を望む人ほど、ストレスの多いきつい職場を選んでしまいがちです。お肌が悲鳴を上げているなら、お給料が安くても負担の少ない仕事に転職しましょう。
人間関係で苦痛を感じているなら、人付き合いを改めることも大切です。

 


化粧水で重要視すべき美容成分は?

化粧品を選ぶ際、どんな美容成分を重要視すべきか、ご存じでしょうか?「知ってる」と思っている人も、意外とカンチガイしてしまっていることが多いようす・・・

45歳まではヒアルロン酸よりもセラミドを重視すべし!

美容成分と言えば、最ももてはやされているのはヒアルロン酸でしょう。パッケージや宣伝に「ヒアルロン酸」の文字があるものを率先して選んでいるのでは?
しかし、あなたがまだ45歳未満なら、それは誤り!
実は、お肌の中のヒアルロン酸は、45歳くらいまではあまり減少しないのです。そのため、ヒアルロン酸よりも「セラミド」の含有量の多い化粧水を選んだほうがよいですよ。
45歳くらいを過ぎると、ヒアルロン酸の減少も大きくなってきます。こうなってくると、ヒアルロン酸の配合された化粧水も大きな意義を発揮してきます。

 

美白美容液は急速に肌を白くするわけじゃない!

美白の流行る昨今、化粧水や美容液選びで「美白効果」を重要視する人は増えているようです。しかし、「美白成分」の効果をカンチガイしてしまっていませんか?
現状、「美白」を謳う成分は、「メラニンの生成を抑制して、シミやソバカスの発生を防ぐ」だけです。今より白い肌にしてくれるというよりは、「浅黒くなるのを防いでくれる」「シミやそばかすの斑点を防いでくれる」にすぎないのです。
今日の通勤やデートを一回り白い明るい肌で挑みたいなら、美白美容液よりも「ファンデーションで白くする」必要があるのです。

 


乳液を付けなくてもいい?

化粧水を付けて、美容液を付けて、乳液を付けて・・・と、スキンケアは面倒くさく感じてしまうことがありますよね。乳液など、省略できないものでしょうか?
乳液は、化粧水の水分や美容液の美容成分(保湿成分)が蒸発しないように、お肌の表面にフタをする役割のものです。そのために油性の原料が配合されています。
今の時代、オールインワンだけでなく化粧水や美容液にも油性成分の配合されているものがあり、それを使っているなら必ずしも乳液ケアは必要ありません。
ホホバオイル、カミツレオイル、オリーブオイルなど配合している化粧水なら、乳液は使わなくてもよいですね。

 


化粧水やスキンケア品のクチコミ評価って信用できるの?

化粧水などのスキンケアアイテムを購入する際、クチコミ情報を参考にして選ぶ人は多いことでしょう。でも、ちょっと待って!
「メーカーの過剰な宣伝よりも、利用者の感想のほうがリアル」というのは、たしかに昔はそうでした。しかし、あくまでも「昔は」です。
クチコミが大きな影響力を持つようになったことから、各メーカーは、クチコミを宣伝方法の1つとして大々的に利用するようになったのです。
わざと一般人に美容(クチコミ)ブログを書かせて、宣伝費を支払っています。アフィリエイト広告というものですね。特に、お試しセットを勧めている記事はどれも、リアルに見えても宣伝記事です。
また、モニターと称して商品を大量配布し、その見返りとしてアットコスメなどのクチコミサイトにクチコミをしてもらうよう促しています。大量にクチコミや投稿がある商品も、それだけ売れているとは限らず、モニター配布によってにぎわっているように見せているのですね。
モニターでもらうと、多くの人はその商品をよく評価しようという心理が働きます。
今の時代もう、クチコミ情報は当てにならないですね・・・。

 


そもそも、「化粧水」の立ち位置って?

化粧水、美容液、乳液、化粧下地・・・これらの違い、明確に理解できていますか?

元来、化粧水の役割は、

  • 肌にうるおいを与える。

  • 美容液や化粧の浸透を良くする。

というものでした。化粧下地と同じ意味合いです。
それに対して美容液は、本来は「肌に美容成分を与えて、美肌を育てる」役割のものでした。肌に対するスペシャルケアで、パックのようにときどき行うものでした。しかしスキンケア意識の高まりから、いつの間にか化粧水と同じように、誰もが、毎日、付けるアイテムとなってきました。
本来美容液に配合されていた「肌を育てる美容成分」が、化粧水にも潤沢に配合されるようになってきて、化粧水は美容液の効果を兼ねるようになってきています。2つの違いはなくなってきていて、さっぱりしているかこってりしているか、テクスチャーの違いくらいしか違いありません。
美容液でも速攻のうるおい補給は出来るため、美容液を付けるなら化粧水は要らないのです。
そして、化粧水に美容液成分が入っているなら、美容液を付ける必要はない、とも言えます。
そして、化粧水や美容液が蒸発しないようにフタをする役目なのが、乳液です。
しかし乳液にも美容液成分が豊富に配合されるようになり、別に乳液だけでもことが足りるようになってきています。
だから、オールインワンというジャンルが台頭したのです。

 


珍しい美容成分がより高効果とは限らない!

私たちは、珍しい美容成分の入った化粧水やスキンケアアイテムを、つい「高効果だ!」と思ってしまいます。珍しい美容成分が入っていると、「5,000円・・・高いけどその価値があるな」と思ってしまいますよね。
しかし、実はそうでもないのです。
美容、保湿を発揮する成分は自然界に様々あり、どれでもそれなりに効果があるのです。
たとえば、私たちは、ワセリンはとても安価な保湿成分だと感じていますが、しかし「ワセリンが配合されているので高い保湿能力を発揮している」と専門家に評価される化粧水や美容液もあります。
はちみつなど数百円で大量に手に入りますが、はちみつ入りの美容液が高級品として売られていたりもします。

 

同じような美容効果、保湿効果を持っていても、成分には原価の違いがあります。たとえば、プラセンタのような動物性かつ部位の限定されるものは原価が高め。対して、植物から作れる成分は原価が安めです。そして、穀物、豆類のように人類が大量栽培している植物からとれる成分は、その中でもさらに原価が安いです。
米や大豆などの有効成分を上手く使っている商品は、効果が高くても安い傾向があります。
または、新しい・珍しい成分として高い価格で売られていても、じきに他メーカーが研究して安価になっていく可能性が高いです。

 


ドラッグストアで買える化粧水のほうがコスパは良い!

「デパコス」という言葉があります。高級コスメの代名詞ですね。
私たちは、デパートやメーカーサイトでしか買うことのできない化粧水は、高級品、高効果品というイメージを抱いています。しかし、それはやや幻想かもしれません。
ドラッグストアで売られるものは、低品質だから安いというわけでもないのです。ドラッグストアやスーパーマーケットで広く売られる化粧水は、つまり薄利多売が可能になるため、商品1つ1つのコストが低くなります。だから、安くできるのです。
デパコスやメーカーサイトでしか売られないアイテムは、購入者が少ないため、1つ1つの開発コストが高くついてしまいます。すると、値段は高くなってしまいがちなのです。
デパコスやメーカーサイトでしか販売されない化粧品も、大量に売れればコストダウンが出来、値下げも可能なのですが、「箔」やブランドイメージを保つために、高い価格帯をキープするメーカーが多いです。
「デパコスや市販されない化粧水のほうが良い」という思い込みを手放すと、良いアイテムが安価で入手できるようになりますよ♪
 

「プチプラ大辞典」は本当に良コスパなものしか勧めません(*'▽')

こうした情報サイトは一般的に、アフィリエイト(宣伝収入)が目的に運営されています。当サイト管理人は、アフィリエイトサイトの運営を幾つか手掛けましたが、ビジネスがヘタで利益にならないので、もうあきらめました(笑)
このサイトにもアフィリエイトバナーは貼ってありますが、広告収入はほんと期待していません。それよりも、「フェアで信頼できるプチプラ情報サイト」​をコンセプトに記事を書いています。
不況時代の今、幅広く皆さまのお役に立てたら幸いです(*'▽')

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now