ピンク色は恋愛運を上げるって本当なの?


占いのメディアやパワーストーンに関するメディアなどで、「ピンク色は恋愛運を上げる」という記述をよく見かけます。これは、本当のことなのでしょうか?


簡潔に言えば、本当です。

ピンク色はなぜ、恋愛運を上げることができるのでしょうか?



男性にとってピンク色はセクシーさを感じる色だから。

これは、非常に簡単な理屈です。

男性にとって、ピンク色というものがセクシーに感じる色だからです。

男性は、ピンク色のものを見ると、少なからず性的な興奮をおぼえます。ただのピンク色の画用紙を見ても興奮はしませんが、女性がピンク色の服飾品を身に付けていたり、ピンク色の口紅をつけていたりするのを見ると、性的な興奮を感じるのです。

男性に性的な興奮を感じさせる女性は、当然男性から注目されやすく、また恋愛やセックスのアプローチを受けやすくなります。すると、「ピンク色は恋愛運を上げる」と定義づけることはできるでしょう。



ピンク色には、「より魅力的な男性と引き合わせてくれる効果」はない!

とはいえ、「恋愛運を上げる」というものが、「より魅力的な男性と引き合わせてくれる」という期待で言っているのであれば、答えはNOです。そうしたことを期待しているならむしろ、ピンク色は「恋愛運を下げる」とすら言えるので、注意が必要です。

なぜなのでしょうか?



ピンク色を身にまとうなら、「性的衝動を持った男性」に注目されやすくなる。

繰り返しますが、ピンク色が持つ力というのは、単純に、「男性に性的興奮を感じさせること」に過ぎません。ピンク色を身に付けると神秘的な力が働いて、あなたの前に魅力的な男性を生み出すわけではないのです。

すると、ピンク色を多く身にまとうなら、「性的衝動を持った男性」を引き寄せやすくなるわけです。ナンパやチカン、盗撮などが最たるものです。正攻法のアプローチについても、あなたの内面ではなく外見、セクシュアルな魅力に惹かれて好いてくる男性が多くなります。一般的に言って、それは性格の良い男性からのアプローチ率を上げることにはつながりません。



ピンクを身に着けると、「この子はセックスが好きなんだろうな」という印象を与える。

また、男性は、ピンク色の服飾品を身に付ける女性に対して、「この子は恋愛に積極的なんだろうな」と感じます。さらには、「この子はセックスが好きなんだろうな」とも感じます。これは、社会がピンク色というものに対してそのような観念を作ったためです。

そのため、「上品な女性だな」という印象を与えたいのであれば、むしろピンク色の服飾品を身に付けたりピンク色のリップを塗ったりはしないほうが良いです。

あくまで社会通念によるものなので、広い世界の中には、ピンク色を見てもセクシーな女性だとは感じない人々もいます。土着民などはそうでしょう。



特定の異性だけの注意を引きたいなら、無暗にピンクを身に付けないほうが良い。

つまり、とにかく男性の注意を引きたいということであれば、ピンク色の服飾品や小物、コスメなどを多用すると良いです。

しかし、特定の異性だけの注意を引きたい、ナンパや下品な男性からのアプローチを減らしたいという場合には、むしろピンク色は身に付けないほうが良いです。



お目当ての男性にだけ、ピンク色のものやハートマークを見せよう。これはとても効果的。

お目当ての男性とデートするときだけピンクの服を着たり、その彼とセックスをするときだけピンクの下着を身に付けたりするのが良いでしょう。

その彼にちょっとした手紙を送るときにピンクの便せんを使ったり、メールでピンクっぽい絵文字やスタンプを多用するのも、有効ですね。



男性と女性とで、ピンク色に対するイメージが異なっている。

男性たちと女性たちとで、ピンク色に対するイメージ・認識は異なっています。そのことに気付いていますか?


女性にとってピンクは、「セクシーに目覚める前の小さな女の子」のイメージ。

女性たちは、ピンクについて、「セクシーな色」というよりも「かわいい色」という認識を持っている人が多いです。「セクシーな」というよりも、「セクシーに目覚める前の小さな女の子の色」という感じでしょうか。

だから、女児の服飾品売り場や小物売り場にはピンク色のものがあふれかえり、それを買い与える母親が多いのですが、それは実は危険なのだということに気づきましょう。


男性にとってピンクは、「えっちな女性」のイメージ。子供に対しても。

男性たちはピンク色の服を着る女児に対して、「かわいいな」ではなく「性的な興奮」を覚えるのです。

男性たちも、ピンク色の服を着る小さな女の子に対して「かわいいね」という誉め言葉を使いますが、本心としては「かわいい」よりも「セクシー」と感じています。しかし、女児に向かって「セクシーだね」と言うわけにはいかないので、「かわいいね」という言葉でお茶を濁しているのです。

娘さんに変な男を近寄らせたくないなら、ピンク色の服は着せないほうが良いですし、ランドセルや傘にもピンク色は用いないほうが良いです。



ファッション誌の言う「赤色がセクシーな色」はあまり正しくない。

ファッション雑誌などでは、「赤色がセクシーな色である」と記述しているのをよく見かけます。

これは、間違ってはいませんがあまり正しくないです。

昔は、ピンクという色があまり世の中にありませんでした。そのため、ピンクに近い赤という色が、その役割を果たしていたのです。しかし、ピンクのほうがより性的な色なので、赤よりもピンクのほうがずっと、セクシーな訴求力があります。

今の時代において赤は、むしろババ臭いと思われてしまうことすらあります。口紅の赤は特にそうです。90年頃の昔の女性というイメージがあるからでしょう。

また、真っ赤な服やコートなどに対しては、「主張の強い女性」というイメージを持つ男性が多いようです。

セクシーさやかわいらしさをアピールしたいのであれば、赤よりもピンクのほうがずっと効果的です。



「黒色がセクシーである」という説も正しくない。

「黒色がセクシーである」という記述も多いですが、そのように感じている男性はあまり多くありません。いなくはないですが、多くはないようです。

勝負下着は黒よりもピンクやパステルカラーのほうが有効でしょう。

黒色は男性に対して、「熟女」という印象を与えることが多いようです。

たとえばあなたが40歳くらいかそれ以上で、ピンクやパステルカラーに抵抗がある場合、ベージュの下着を着けるよりは黒の下着のほうがずっとセクシーで、男性を興奮させることができます。

「プチプラ大辞典」は本当に良コスパなものしか勧めません(*'▽')

こうした情報サイトは一般的に、アフィリエイト(宣伝収入)が目的に運営されています。当サイト管理人は、アフィリエイトサイトの運営を幾つか手掛けましたが、ビジネスがヘタで利益にならないので、もうあきらめました(笑)
このサイトにもアフィリエイトバナーは貼ってありますが、広告収入はほんと期待していません。それよりも、「フェアで信頼できるプチプラ情報サイト」​をコンセプトに記事を書いています。
不況時代の今、幅広く皆さまのお役に立てたら幸いです(*'▽')

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now