プチプラっていくらくらいのこと?コスメも服もこんなに安く買える!


いきなりですが、クイズです!

ここに並んだ化粧水、それぞれ値段は幾らだと思いますか?


「んーと、ドラッグストアによく売っている格安品で、600円くらい?」


残念!ハズレです。

実はこれ、どれも100円!100円ショップのコスメコーナーなんです。

ビタミンC誘導体に豆乳イソフラボン、アロエと、高級スキンケアでおなじみの有効成分がしっかり配合されていて、内容量もたっぷりあるのに、100円なんです!

もちろん、使い心地も意外なほどモッチリ♪

プチプラは皆さんが思っている以上に進んでいますね!

100円ショップではクオリティと品ぞろえに限界がありますが、しかしプチプラはたしかに市場に充実し、様々なものが安く、コスパよくなっています。

プチプラって、どれくらい安くなっているのでしょうか?あれやこれは、いくらくらいで買えるのでしょうか?



プチプラのコスメはいくらくらい?

一般的には、1,000円前後のものを指します。

デパコスが1アイテム3,000円はしますので、1,000円は安いですよね。

日本のコスメは世界的に見ても優秀で、繊細な日本人の肌にも配慮されています。1,000円前後のアイテムでもかなり高品質なものが多いですよ♪

また、プチプラに徹底的にこだわる人は、100円ショップを活用します。つまりコスメを1つ100円で入手しているということ!マニキュアなどレジ横に売られているのをよく見ますね。ベーシックなアイテムはかなり色々なジャンルが揃っており、高品質なものも多いです。

まず100円アイテムを試して、あまりにも安っぽい、質が悪いと感じたら1,000円プチプラに移行する、という流れがオススメ。



プチプラの服はいくらくらい?

格安の服と言えば、ユニクロが代名詞でした。

しかしプチプラ派の人にとってはもはや、ユニクロも安いとは言えなくなってきましたね。ユニクロは3,000円程度のアイテムが多く、これはプチプラと呼ぶにはやや高いです。

トップスなら1,000~2,000円がプチプラ服の相場。GUなど一部のプチプラブランドはそれよりさらに安いです!


プチプラ服の入手先としては、近年はネットショップが主流です。

「服はネットでは買えない」というのが定説でしたが、プチプラ派に牽引されてネットで買うことが主流になってきています。物流コストが削減できることから、そこそこのクオリティのものが安く揃っており、ネットショップなら可愛いトップスが780円くらいから手に入ります!



プチプラのリップはいくらくらい?

ここからはアイテム単体の値段を見ていきましょう。

リップは、結論から言えば、500円前後でハイクオリティなものがごろごろ出ています!

リップは流行色の移り変わりが激しく、デパコスや海外ブランドの高額なものを買っても使い切る前に使えなくなってしまうことがほとんど・・・

流行色に敏感な人にとっては半年くらいで旬が過ぎますし、数本を使い分けるでしょうから、プチプラでそこそこのものをどんどん回していくほうが賢いです。



プチプラのファンデーションはいくらくらい?

コスメで最も大事なアイテムの1つ、ファンデーションです。

施す面積が広く目立ちやすいので、安くあがるとしても質の悪いものは使いたくないですよね・・・。それゆえデパコスに足が向きやすいのですが、プチプラでも良質なものが充実しています。

ファンデーションは、価格帯の安い高いよりもタイプにより仕上がり感や(あなたとの)相性が大きく異なるので、プチプラを使ってみてイマイチと感じたとき、プチプラ品をやめるのではなく、ファンデのタイプを変えてみる、という試行錯誤が大切です。たとえばルースタイプを使ってイマイチだったなら、クリームタイプを使ってみる、といった具合に。

さて、価格帯ですが、やはり1,000円前後で充分に収まります。1,000円未満でもかなり選択肢がありますよ♪美容成分や日焼け止め成分も配合して、この価格です。



プチプラの化粧水はいくらくらい?

お肌にうるおいを与える化粧水です。

プチプラの化粧水はやはり1,000円前後で数多く揃っており、600円くらいから良質なものが見つかります。

化粧水は、アイテムによって内容量にずいぶん差があるので要注意!780円でも50mlしか入っていないのではいまいちプチプラとは言えません・・・。有名ブランドには、こうした「安く見せる」戦略をとるものが少なくないのでご注意を。「1,000円で200ml」で充分に見つかります。

お肌にうるおいを与えるだけでなく、美白や美容液効果も含んだものが主流です。



プチプラのオールインワン化粧品はいくらくらい?

忙しい現代人にメキメキと支持率を伸ばしているオールインワンタイプのスキンケアコスメ。

色々な効果がこれ1つで済んでしまうぶん、他のコスメに比べてやや価格が高いです。

とはいえ、プチプラ系なら1,200円くらいで充分に良質なものが手にはいると考えてOK。1,200円程度のものは、種類はそう多くないですが、品質はばっちりです。

スキンケアが面倒に感じる人や、お金に余裕のない十代さんなどは、まずはオールインワンアイテムでスキンケアをしてみましょう。驚くほどカンタンですが、たしかに効果はありますよ♪



プチプラの香水はいくらくらい?

コスメ業界にすさまじい価格破壊を起こしたプチプラですが、その最たるものが香水です!

このジャンルにいたっては、500円以下がずらりと並ぶほどに激安!!5,000円じゃないですよ?500円です!

数百円のものは、香水というよりはオードトワレ、フレグランスで、香りが薄いです。しかし、むしろ香水よりもこちらのほうがオススメ。というのも、平成世代のメンズたちはキツイ香水は嫌いで、ほのかに香らせるくらいのほうが好感を持たれます。十代、二十代はもちろんのこと、四十代以上の女性も、濃い香水ではなくほのかなフレグランスのほうが良いですよ。香水が濃いと、「おばさん臭い」という印象を持たれてしまいます・・・


プチプラの香水はなぜこんなに安いのでしょうか?不安になりますよね。

でも、ご心配なく。

実は香水って、もともと原材料の安いものなのです。香水には凝ったビンのものが多いですが、これは装丁によって高級感や個性をアピールしたいから。また香水はもっぱらブランド商売で、ブランド料に大きなお金を払っているのです。

数百円のものでも品質に問題はないですし、周りの人々には安っぽい香りとは思われないですよ♪



プチプラの化粧落としはいくらくらい?

クレンジング、コールドクリームとも呼ばれます。

化粧落としはオールインワンでは兼ねることができませんから、注目ですね。

化粧落としは安価なものが多く出まわっています。700円程度で大容量で品質の良いものがたくさんありますよ。

タイプによって、化粧落ちの強力さが違います。

メイクの濃い人は、オイルタイプまたはジェルタイプのものを選びましょう。

メイクの薄い人はクリームタイプで充分に落ちます。

オイルやジェルタイプの洗浄力の強いものは、肌へのダメージも大きいのでご注意を。



いかがでしたか?

コスメに関しては、プチプラ系のものならどれも1,000円前後で手に入りますね。日本のコスメはかなり高品質で、1,000円程度のプチプラでもかなりクオリティが高いです。

超節約派のあなたは、洗顔後のスキンケアアイテムをオールインワンのプチプラ品で済ませば超安上り!

洋服は、2,000円も出せばトップスもスカートもかなり選択肢が豊富です。

実店舗系は、プチプラを謳うお店もやや値段が上がってきました。3,000~5,000円くらいするものも多いです。最近は、ネットショップに激安のものが出回っています。1,000円を切るような超プチプラも多いですね!試着ができませんが、サイズ表示は細かく提示されているので、お手持ちのアイテムの肩幅や袖丈など測って、あなたの体にフィットするものを選んでみてください。



デパコスかプチプラか迷ってる?両者を比較!

プチプラの価格の魅力を耳にしてはいるけれど、デパコスの上質なものじゃないとどうも信頼できなくて・・・。そんなふうに悩んでいる人も多いでしょうか。

実際のところ、品質はどれくらい違うのでしょうか?


プチプラでも品質は充分。

もちろん、デパコスのほうが品質は良いです。しかし、プチプラの1,000円くらいのものでも品質は充分です。工業大国日本は製品開発が巧みで、格安品でも質のよいものが提供されています。良くも悪くも、高級ブランド品の良点を格安品にもうまく転用していて、高級品のようなクオリティを実現しています。パッケージの高級感は、あまりないですけどね。

極端に言って、プチプラコスメだけでもタレント並みに可愛くなることはできます。


コスメはブランド商売。

コスメは、実は高級品においても、原価はすごく安かったりします。「口紅の原価が実は30円!」なんて話、聞いたことはありませんか?

コスメは、これを好む女性たちの華やかな願望を満たすため、パッケージや売り場ディスプレイにお金をかけてきらびやかにします。また、旬の有名タレントを起用して派手な宣伝を打ちます。こうしたアピール作業に莫大な費用を投じて、「〇〇というブランドのものはカッコいい」という印象を社会に提供しているのです。消費者は、そのラグジュアリーな気分を得ることに、コスメ価格の半分くらい(もっとかも?)を支払っているのです。

そのため、宣伝や装丁にあまりお金をかけない戦略のプチプラアイテムは、品質をちょっと下げただけでも、価格を大幅に下げることができるのです。


ブランドにこだわらない人が増えている。

プチプラコスメがこれだけ大衆権を得ているのは、ブランドにこだわらない人が増えているからです。特に平成世代くらいの若い女性には、ブランドにこだわらない人が多くなっています。

そのためプチプラアイテムがよく売れ、薄利多売が成り立つようになり、まだまだどんどん価格が下がっているのですね。

プチプラアイテムを選択するかどうかは、ブランドへのこだわりが強いかどうかも、大きな選択要素と言えそうです。



コスメの口コミってアテになるの?本当なの?

「リップ 口コミ」「ファンデ 評判」などと検索する人は多いです。

コスメについては、メーカーの説明よりも消費者の感想のほうがアテになると考えている人が多いのですね。

たしかに一時期はその傾向があったのですが、今はクチコミをあまり真に受けないほうがよいかも・・・

というのも、消費者が口コミを重視して商品選びをしていることを各メーカーやショップは把握していて、メーカーやショップが口コミを操作することも多いからです。芸能人がインスタでコスメの口コミをしていて、実はそれがステマ(やらせ)だった!なんてニュースがちらほら飛び交いますよね。それと同じことが、あちこちで行われています。

これは、Amazonや楽天などの総合ネットショップでもそうですし、@コスメなどの口コミサイトでもそうですし、素人が運営している個人ブログふうのサイトでもそうです。個人ブログふうのサイトも、その商品を宣伝することで手数料を貰うために書いているものばかりです。いわゆるアフィリエイトですね。

1位から5位まで様々な商品が比較・おすすめされているようなサイトも、その5位までの商品すべてがアフィリエイト目的で、どれが売れても良いように記述されています。

また、「売り上げ100万本突破!」といったフレコミもあまり参考になりません。モニターと称して100円で大量に売って、それで「100万本売れました」と豪語するものも多いのです。

とにかく、いまどきコスメの口コミはあまり当てにならないです・・・。


しかし、クチコミや宣伝で有名になっているコスメは、どれもそれなりに品質が良いです。上述したように、日本のメーカーは優秀で、普及品として広く出まわっているものはどれもそれなりに高品質なのです。

そのため、クチコミや宣伝でよく目にするものを買っても、大きなハズレにはならないでしょう。

かえって肌が荒れてしまったりするとき、それはそのアイテムの品質が悪いというよりも、あなたの肌タイプに合っていないものを選んでしまった可能性があります。乾燥肌用、混合肌用、アトピー肌用などと、色々なタイプがあるのです。


プチプラコスメを買おうとしている人は、まだコスメに詳しくない若い人が多いかと思います。このような事情があるので、良く理解してコスメ選びをしてくださいね。

「プチプラ大辞典」は本当に良コスパなものしか勧めません(*'▽')

こうした情報サイトは一般的に、アフィリエイト(宣伝収入)が目的に運営されています。当サイト管理人は、アフィリエイトサイトの運営を幾つか手掛けましたが、ビジネスがヘタで利益にならないので、もうあきらめました(笑)
このサイトにもアフィリエイトバナーは貼ってありますが、広告収入はほんと期待していません。それよりも、「フェアで信頼できるプチプラ情報サイト」​をコンセプトに記事を書いています。
不況時代の今、幅広く皆さまのお役に立てたら幸いです(*'▽')

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now