プチプラ考察|主要カメラメーカーの特徴とプチプラ度を徹底比較!


プチプラ考察|主要カメラメーカーの特徴とプチプラ度を徹底比較!

「カメラを本格的にたしなんでみようかな!」そう思ったときに一番最初にぶつかる壁は、「カメラ選び」かもしれません。なにしろ、日本だけを見ても主要なカメラメーカーがたくさん!ヨドバシカメラなどのカメラ系家電量販店に行くと、ものすごい数のカメラがディスプレイされていて圧倒されてしまいます・・・。


はたして、世のカメラ愛好者たちはどのようにカメラを選んでいるのでしょうか?メーカーごとに違いや特徴はあるのでしょうか?

また、値段に対してコストパフォーマンスのよい、つまり「プチプラ」なカメラも上手く見つけたいですよね!やはり安いカメラづくりが得意なメーカーもあります。


この記事では、主要カメラメーカーの特徴やプチプラ度、歴史などを、【どこよりも詳しくわかりやすく】解説していきます!この1ページであなたも、各メーカーのカラーがざっくりと見えてくるでしょう。そのイメージがあると、カメラ選びはもちろんのこと、カメラ愛好者とのおしゃべりや商品レビューの理解にも絶対に役に立ちますよ!



カメラ選びの基準で重要視すべきことは?

まず、各メーカーの特徴の前に、今あなたが抱えているであろう悩みに対してのお答えから入りましょう。カメラ選びは、どのようなことを重要視すればよいのでしょうか?


(1)カメラ選びに正解は無い。あなたが重要視したいことが何かをまずは考えて。

あなたは、「どのメーカーが最もハイクオリティか」を知りたがっているかもしれません。一般的にはCANONキヤノンとNikonニコンが二大巨頭と言われていますが、実際のところはそれに迫るメーカーが幾つもあるのです。各メーカーそれぞれに個性や持ち味を出して、カメラの戦国時代を生き延びています。ですからまずは、「質」というよりも、「あなたが何を重要視したいか」を考えてみてください。「あまりこだわりはない。安いプチプラ製品が欲しい」でもかまいません。


インスタグラム映えする鮮やかな色味ですか?

大判ポスターも刷れそうな繊細な描写力ですか?

カメラ本体の可愛さオシャレさですか?

軽くて持ち運びやすいことですか?

ブランドイメージですか?

安い値段でそこそこ(プチプラ)のカメラを手に入れることですか?

色んなレンズで遊べることですか?


ざっと7つの動機を並べてみましたが、それぞれに最もオススメと言えるメーカーは違うんです。

あなたの好みが重要だっていうこと、わかっていただけましたね?


(2)画質を考える場合、何気に重要なのが「色味」というスペックで測れない要素!

「やっぱり画質の良いカメラが欲しいよ。」そう考える人は多いでしょうか。そして、画質の良さを比べるために、画素数を見比べたりセンサーサイズをチェックしたり、することでしょう。


でも、ちょっと待って!それらもたしかに大切なことなのですが、カメラ選び、特にメーカーを絞るにあたっては、各メーカーが特徴づけをしている「色味」が重要だったりするのです。どれだけ操作性がよく起動が速くても、撮った写真の色味が好みと合わないと、とたんに嫌な写真に思えてしまうもの。なので、自分がどのような色味を好むか、その色味にフィットしたメーカーはどこなのか、それを常に頭に入れながら、カメラ選びをするのが良いですよ。


(3)価格は大事。メーカーによって主要なターゲット層は違う。

あなたがカメラ購入に投じるつもりの予算は幾らくらいでしょうか?各メーカー、もちろん様々な価格帯のカメラを作ってはいますが、やはり主要ターゲットに考えている層(価格帯)は違うので、希望価格帯によってもある程度メーカーは絞られてきます。

高価な機種の多いメーカー、プチプラ(コストパフォーマンスの良い)機種の多いメーカー、様々あります。


(4)重さは耐えられる?たくさんのボタンは使いこなせる?

画質の良さや機能の多彩さだけにこだわってカメラを購入すると、後から大変なことに!


お察しのこととは思いますが、「一眼レフ」と呼ばれるタイプのゴツいカメラは、やはりズシリと重いです。耐えられない重さのカメラを買ってしまうと、どうしても行楽や外出に持って出るのがおっくうになってしまい、押入れに眠ってしまうことに・・・。重いのが苦手なら、ミラーレスタイプを狙いましょう。


また、高性能のカメラはボタンの数が多い傾向にありますが、たくさんのボタンを使いこなせるようなロジカルな脳が無いと、せっかくの高級カメラも性能が発揮できません。それなら、テキトウにパシャっとするだけでもそこそこの画質が得られるカメラを、最初から選んでおいたほうが良いですよね。この場合も、一眼レフよりミラーレスタイプのほうが良いです。または一眼レフの中でも、10万円以下のプチプラな価格帯のほうが希望に合うでしょう。



CANONキヤノンのカメラの特徴は?歴史は?

それでは、各メーカーの解説に移っていきます。まずはCANONキヤノンから紹介していきましょう。


一目でわかる!CANONカメラの特徴。


  • 国内&海外シェアナンバーワンの最強人気カメラメーカー。

  • 実物よりも鮮やかで、特に赤みが強い色合いが特徴。今の流行りの色味。

  • 初心者がパっと撮ってもプロっぽい写真になる。

  • オートフォーカスの速度・機能が優秀。

  • 子供の写真、スポーツカメラマン、人物カメラマンに人気。

  • レンズやアクセサリーが豊富。海外にも店舗が多く旅行中も安心。

  • 値段はやや高め。

  • ミラーレスの品ぞろえは遅れ気味。

  • プチプラ度は中くらい。高価機種も安いコスパ機種も揃う。


世界トップメーカーの秘訣は何?CANONカメラを徹底解説!

国内シェアナンバーワンのCANONキヤノン。人気の秘訣は、ややこってりとした色味にあります。実際の風景よりも鮮やかな色で写り、また赤みが強いので人物の肌も血色良く写ります。

この鮮やかな色味が、若者を中心に一般大衆に好まれる傾向にあり、CANONキヤノンは大きく支持を伸ばしています。ただし、年配の方やシブいものを好む方は、好感を持たないかもしれません。

画像補正をしなくても鮮やかな写真が得られることは魅力で、カメラの初心者さんにはやはりオススメのメーカーと言えます。オートフォーカスが速いのも特徴で、よく動き回る子供の撮影に強いです。

子供の写真を撮りたいママ・パパや、スポーツ選手を撮るプロのカメラマン、人物写真を中心としたプロを目指す人などにも好まれています。


色味の作りはポップですが、映像機器メーカーとして老舗の職人気質も持っており、レンズなどの周辺機器は非常に豊富。サードパーティー製のレンズやアクセサリーも充実しており、必要品を揃えやすいですね。CANONキヤノンは世界的に有名なメーカーで、海外にも販売店が多く、たとえば旅先の海外で電池パックを失くしてしまったりしても、現地で手に入れることは難しくないでしょう。修理もやってもらえるかもしれません。


欠点を挙げるとすれば、値段が高い傾向にあることでしょうか。また、近年流行りのミラーレスカメラへの参入が遅れたたため、ミラーレスのラインナップはやや弱いです。特に、格安価格帯でCANONキヤノンのミラーレスカメラを買うことは難しいでしょう。

入門機種に関しては割と安いです。薄利多売の戦略がとれるからですね。CANONキヤノンカメラのプチプラと言えば、入門機種が該当します。


なお、私たちは一般的に「キャノン」と発音しますが、正式名称は「キヤノン」です。


CANONキヤノンの代表的なブランド一覧。


  • IXY(イクシ)…小型のコンパクトデジカメ

  • PowerShot(パワーショット)…(高倍率ズームなどが特色の大きなコンデジ)

  • EOS(イオス)…ミラーレスと一眼レフのブランド。

  • Kiss(キス)…EOSシリーズ中の1つで、エントリーモデルのブランド。プチプラと言える。


CANONキヤノンのカメラはプチプラで手に入りやすい?

どちらかと言えば高級機種を高い価格で売る政策のメーカーです。

ただし、EOS Kissなどエントリーモデルについては、そこそこ手軽な価格で手に入ります。薄利多売によって安くできている、という感じです。また、流通量が多いため、各販売店において型落ち品がセールになりやすい、といった側面はあります。


CANONキヤノンのカメラ作りの歴史。

CANONキヤノンは、1937年に設立され、フィルムカメラ時代から非常に長い歴史を持つ老舗メーカーです。映像機器を幅広く扱ってきており、パソコンの時代になってからはプリンターなどのOA機器にも活動の幅を広げ、今ではOA機器のほうが主力コンテンツになっているくらい。

とはいえ、カメラの人気・売り上げも健在であり、日本国内のシェアナンバーワンメーカーです。海外からも人気があり、海外旅行で見かける外国人は、ほとんどがCANONキヤノンかNikonニコンのカメラを首から提げています。

2000年前後、コンパクトデジカメが台頭した際も、CANONキヤノンは高性能な製品と巧みなCM戦略でトップブランドの座を維持し続け、デジタル一眼のブーム時もその座を明け渡しませんでした。ミラーレスの台頭時には、市場の動向を読み間違えたのか参入が遅れ、天下が危ぶまれた時期もありましたが、今ではミラーレスのラインナップも充実してきており、あらゆるジャンルで高い人気と売り上げを誇っています。

しかし2020年代に入り、ソニーの躍進に伴いやや苦戦を強いられはじめています。



Nikonニコンのカメラの特徴は?歴史は?

誰もが知っているカメラメーカーNikonニコン。ですが、その特徴、あなたは言えますか?


一目でわかる!Nikonニコンカメラの特徴。


  • CANONキヤノンと人気を二分する、国内&世界で人気の老舗トップメーカー。

  • 写真の色味は「すっぴん」または「ナチュラルメーク」という感じ。CANONキヤノン真反対。

  • 熟年層やシブいもの好きな人たちから人気。

  • タフさに定評があり壊れにくい。

  • 交換レンズやアクセサリーが豊富。海外でも入手しやすい。

  • 操作性がややわかりにくいかも。

  • ミラーレスのラインナップが乏しい。

  • プチプラ度は低め。まれに初心者向けのコスパ機種があるくらい。


CANONキャノンとの違いは?Nikonニコンカメラを徹底解説。

CANONキヤノンと双璧をなす、老舗かつ人気のカメラメーカーNikonニコン。

色味の特徴は「実物に忠実」というもので、ライバルのCANONキヤノンとは正反対のような方向性です。そのため、CANONキヤノンファンとNikonニコンファンはかなりくっきりと二分します。特に、シニア世代のカメラ愛好者にNikonニコンの色味を好む人が多いです。若い世代でも、派手なものを好まない人はNikonニコンの実物主義に好感を持つでしょう。

また、元が軍用機器を作っていたメーカーであるということもあり、タフさにも定評があります。修理工場にはNikonニコンのカメラはほとんど来ないのだとか。その流れから、旅行好きのカメラ愛好者にも人気があります。

プロにももちろん愛用者が多いですが、特に風景や報道、乗り物、ネイチャーフォトグラファーなどに人気が高いです。

交換レンズやアクセサリーは豊富で、サードパーティ製のものも多く、選択肢は非常に広がります。海外に行ったときにアクセサリー入手や修理に強いのも強みです。


欠点を挙げるとすれば、操作が初心者にはややわかりにくいかもしれません。また、CANONキヤノン同様ミラーレス市場への参入が遅かったので、ミラーレスのラインナップが少ないです。

Nikonニコンは基本的に、カメラとしての基本性能にこだわった本格派な機種が多いので、安い価格帯でNikonニコンを求めるのは難しくなります。

プチプラへの意識は低いです。まれに初心者向けのラインナップでコストパフォーマンス重視の安い機種がある程度です。


Nikonニコンの代表的なブランド一覧。


  • COOLPIX(クールピクス)…コンパクトデジカメのブランド。

  • Nikon1…ミラーレスのブランド。

  • Dシリーズ…一眼レフのブランド。


Nikonニコンのカメラはプチプラで手に入りやすい?

CANONキャノン同様どちらかと言えば高級機種を高い価格で売る戦略のメーカーです。

やはりCANONキャノン同様、流通量が多いために各販売店において型落ち品がセールで手に入りやすい、といった側面はあります。


3-4.Nikonニコンのカメラ作りの歴史。

Nikonニコンは、1917年創業の古い会社ですが、もともとは軍事用の光学機器を製造していました。1946年、第二次世界大戦の終結と共に、カメラメーカーとしての躍進が始まります。

1988年には、今でもおなじみの姿の一眼レフカメラを発表しており、CANONキヤノンととともに日本のカメラメーカーの二大巨頭に君臨します。1995年には富士フィルムと共にデジタルカメラの開発に成功しており、デジタル時代でもNikonニコンの強さは健在でした。

しかし、一眼レフへのこだわりが強すぎたあまりに、ミラーレスの開発は出遅れてしまい、この分野ではまだシェア率はあまり高くありません。



SONYソニーのカメラの特徴は?歴史は?

「SONYソニーブランドを濫用してカメラも売ってる」なんて思っていませんか?


一目でわかる!SONYソニーカメラの特徴。


  • ミラーレスの分野では売り上げも性能もトップクラス。

  • αアルファブランドは元々コニカミノルタの開発。つまりカメラ専門メーカーのクオリテ。

  • 大衆のニーズを汲んだ高機能・多機能な機種が多い。

  • レンズなどのアクセサリーはまだ少ない。

  • プロやプロ志望者の愛用はまだ少ない。

  • SONYソニー製品特有の「機器の互換性」に心配がぬぐえない。

  • プチプラ度は低め。安い機種を求めるなら型落ち機種に目を向けよう。


αアルファシリーズは職人の技!SONYソニーのカメラを徹底解説。

フィルム時代からのカメラ愛好者には、SONYソニーにカメラのイメージは薄いかもしれませんね。しかしデジカメの時代のSONYソニーの存在感はあなどれず、ミラーレスの登場したここ数年においては、売り上げも性能もトップクラスとすら言えます。「マルチメーカーがブランド力を濫用してカメラにも手を出している」といった目では見ないほうが良いです。

2021年の東京オリンピックでは、ついにプロカメラマンたちのシェアでソニーが超躍進!そろそろ名実ともにナンバーワンの座に上り詰めそうです。


SONYソニーのカメラは、色味の個性についてあまり語られることがありませんが、流行好き・最先端好きのメーカーなのでやはり若者好みの鮮やかな色味をしています。クールなメーカーイメージ通り黒や青に強く、よってポートレートや夜景の撮影に強いです。同じ鮮やかタイプのCANONキヤノンとは住み分けがなされていますね。


SONYソニーの特徴は、ミラーレス市場にいち早く注力したメーカーで、「軽量かつ高性能」といったミラーレスに求められる作風に強いです。「技術のソニー」らしく様々な個性・機能を持ったカメラを発表しており、選択肢は幅広く、ユーザーを飽きさせません。

その一方で、カメラとしての基本性能は高く、画質で妥協を許されない一眼レフ市場でも高性能な機種を発表しています。基本性能の高さと便利機能の豊富さを両立させてしまう万能ぶりが、SONYソニーの強みでしょう。

カメラメーカーとしては後発で、レンズなどのアクセサリーがまだあまり充実しておらず、プロやプロ志望の人のシェアはまだ低いです。しかし、20年後にはCANONキヤノンやNikonニコンと共にカメラ業界のトップメーカーに君臨している可能性を感じさせます。


欠点を挙げるとすれば、機器の互換性に難があることです。これはVaioパソコンなど他のソニー製品にも言えることなのですが、たとえばカメラをパソコンにつないだときに上手く認識されない、他のメーカーのSDカードを上手く読み込まない、といったアクシデントが発生しやすいです。また、独自の規格を作りたがるメーカーなので、周辺機器がソニー専用のものを用意しないと使えない、といった面倒くさいことが、カメラ分野においても懸念されます。


SONYソニーの代表的なブランド一覧。


  • Cyber-shot(サイバーショット)…コンパクトデジカメのブランド

  • α(アルファ)…ミラーレスと一眼レフのブランド。


SONYソニーのカメラはプチプラで手に入りやすい?

どちらかと言えば高級機種を高い価格で売る政策のメーカーです。

やはりCANONキャノン同様、流通量が多いために各販売店において型落ち品がセールで手に入りやすい、といった側面はあります。


SONYソニーのカメラ作りの歴史。

オーディオメーカーとしては世界の雄のSONYソニーですが、カメラメーカーとしては後発です。

1985年に世界発のオートフォーカス機能を搭載して世界を驚かせたα(アルファ)ブランドを、ミノルタからコニカミノルタへ、コニカミノルタからソSONYソニーへと受け継ぎました。そう。SONYソニーのカメラに対して、「オーディオメーカーごときに何が出来るんだ」といぶかしげている人は多いかもしれませんが、それは誤解なのです。SONYソニーの一眼レフカメラは実質的にコニカやコニカミノルタであり、つまり日本トップクラスのカメラの専門ブランドなのです。

もともとSONYソニーは、映画やテレビ業界における映像・撮影機材でトップレベルの技術と業界ナンバーワンのシェアを持っており、撮影機器開発技術は優れています。自前で開発したコンパクトデジカメのブランド「サイバーショット」は、知らない人は居ないでしょう。また、オーディオ機器やパソコンなどに見られる技術革新力や大衆の「あったらいいな」をくみ取るセンスは、カメラ分野にも発揮され、高機能・多機能なカメラを次々と、世に送り出しています。



OLYMPUSオリンパスのカメラの特徴は?歴史は?

ミラーレスブームの火付け役と言っても過言ではないOLYMPUSオリンパス。「レトロキュート」以外にも、思いのほか長所が多いのです。


一目でわかる!OLYMPUSオリンパスカメラの特徴。


  • 何はなくとも宮崎あおいCMの「PENシリーズ。」レトロキュートな女子ウケカメラ。

  • ミラーレスでは日本でナンバーワンのシェア率。

  • 色味は、鮮やかめかつ青色がキレイ。

  • そこそこの性能の持ち運びしやすい可愛いカメラ。

  • 防塵・防滴仕様にも力を入れており、旅行に強い。

  • プチプラ度はやや高め。オシャレブランドのイメージを確立しつつ安価な機種も多い。


バカ売れの理由はデザインだけじゃない!OLYMPUSオリンパスのカメラを徹底解説。

女優・宮崎あおいさんのCMでおなじみの・・・と言えば誰もがすぐにイメージ出来るでしょう。女性好みのレトロキュートなデザインと小さくて持ち運びしやすいサイズで、「カメラ女子」ブームを巻き起こしました。ミラーレス一眼に関しては、日本でナンバーワンのシェア率を誇っています。


OLYMPUSオリンパスの色味の特徴は、SONYソニーに似ており、鮮やかめかつ青色をキレイに発色します。「オリンパスブルー」とも呼ばれ、キュートなデザイン同様、色味でも一定のファンを獲得しています。


OLYMPUSオリンパスの最大の個性は、やはりその、クラシックカメラを現代版に上手くアレンジしたレトロキュートな外観。ファッション性を重視する若者やアーティストに大きな支持を得続けています。

可愛らしいだけでなく、意外にも堅牢なのも特徴。防塵・防滴仕様の機種も多く、旅行好きな人にも向いています。また、手ぶれ補正も強力で、初心者でも使いやすいカメラと言えるでしょう。

ボディの小ささ・軽さも特筆すべき個性で、重いカメラがイヤ、ゴツいカメラがイヤ、という人にはOLYMPUSオリンパスは重宝されるでしょう。


欠点を挙げるとすれば、カメラとしての純粋な画質があまり高くない点です。コンパクトボディにこだわったためにイメージセンサーは小さめで、画質に強いとは言えません。とはいえ、インスタグラムのような、強めに加工したアーティスティックな発信方法を好む人には、あまり問題ないでしょう。そういう意味では戦略が非常に上手く噛み合っています。

また、同じようなタイプのいわゆる「PENシリーズ」以外はほとんどリリースしていないので、「PEN」の性能に物足りなさを感じるようになっても同じメーカーでアップグレードしにくいのは少し残念ですね。

PENの登場により一躍オシャレブランドにのし上がりましたが、価格は意外と安めで、プチプラな機種も多いです。


なお、「PENシリーズ」はPENTAXペンタックスではなくOLYMPUSオリンパスです。ややこしいですがご注意を。

さらに、OLYMPUSオリンパスではミラーレスタイプのカメラのことを「マイクロ一眼」「マイクロフォーサーズカメラ」と呼んでいます。これまたご注意を。


OLYMPUSオリンパスの代表的なブランド一覧。


  • STYLUS(スタイラス)…コンパクトデジカメのブランド

  • OLYMPUS PEN(オリンパスペン)…レトロ可愛いマイクロ一眼(ミラーレス)のブランド。入門機種にプチプラが見つかる。

  • OM-D(オーエムディー)…マイクロ一眼(ミラーレス)のブランド


OLYMPUSオリンパスのカメラはプチプラで手に入りやすい?

OLYMPUSオリンパスの中でもPENは、ややプチプラな側面があります。そこそこの性能、可愛い外観、人気ブランドイメージを誇示しつつ値段は控えめな傾向が。PENシリーズを非常に数多く出しているため、型落ち品はなおさら安く手に入ります。


OLYMPUSオリンパスのカメラ作りの歴史

OLYMPUSオリンパスは、もとは光学機器の製作に端を発しており、医療分野の光学機器や顕微鏡分野では世界一のシェアを誇っています。

一眼レフが主戦場の時代はCANONキヤノンやNikonニコンの後塵を拝しましたが、もともと小型のカメラを得意としていたことから、コンパクトさが売りのミラーレス(マイクロ一眼)の開発に伴って、トップの座に躍り出ました。そもそもそのミラーレスカメラを開発したのは、OLYMPUSオリンパスとPanasonicパナソニック、そしてLEICAライカの共同事業なのです。

宮崎あおいさんのCMで有名な、レトロキュートな「PENシリーズ」は、「カメラ女子」時代と「コンパクトな一眼レフ」という、2つの時代を切り開いたのでした。

また、ミラーレス一眼をオシャレかつプチプラで放ち、カメラ業界に新しい風を吹かせた貢献は評価に値します。



Panasonicパナソニックのカメラの特徴は?歴史は?

日本の「家電の雄」は、カメラでも王者っぷりを発揮しているのでしょうか?


一目でわかる!Panasonicパナソニックカメラの特徴。


  • ミラーレスにおいては国内シェア率第3位の人気メーカー。

  • コンパクトでライトユーザーウケしやすい製品が多い。

  • 一眼レフカメラは作っていない。

  • ライカの高品質レンズを採用するも、センサーが大きくないので画質はあまり高くない。

  • カラフルなデザインの機種が多い。

  • プチプラ度は中くらい。入門機種はコスパがよいと言える。また、手ごろな型落ち品を見つけやすい。


ミラーレスのシェア率は高いが・・・?Panasonicパナソニックのカメラを徹底解説。

Panasonicパナソニックは、一眼レフカメラのメーカーとしての知名度は低いかもしれませんが、ミラーレス市場においてはOLYMPUSオリンパス、SONYソニーに次いで第3位のシェアを誇っています。

昔から、ポータブルオーディオなどで「世界最小・最軽量!」といった精密さを得意とするメーカーでしたが、一眼レフカメラにおいてもどちらかといえば、コンパクトでライトユーザー受けしやすい商品を作っています。


色味の特徴については言及されることはあまりなく、強烈な個性を持ってはいません。ドイツの高級カメラメーカーであるライカと提携してレンズを作っているため、レンズの質はとても良いのですが、イメージセンサーにマイクロフォーサーズというやや小ぶりなものを使っているため、総合的に言って画質で誇れるメーカーとは言えません。


Panasonicパナソニックはもともと、ビデオカメラに強いメーカーであったため、一眼レフカメラにおいても動画機能に強いです。4Kなどの超高精細動画をカメラで同時に撮りたいなら、Panasonicパナソニックはいの一番で選択肢に入ります。


カメラの外観は、黒一辺倒ではないカラフルなものが多く、若者好みと言えるでしょう。


欠点を挙げるとすれば、まずそもそも「(デジタル)一眼レフカメラ」を作っていません。現状、ラインナップはすべてミラーレスタイプで、超高画質なカメラをPanasonicパナソニックで買おうと考えるのは難しいものがあります。

ミラーレスにおいても、イメージセンサーはもっぱらマイクロフォーサーズというやや小ぶりなもので、画質に強いとは言えません。

プロ志向の人には全く向いておらず、ハイアマチュアのオフ会などでも「Panasonicパナソニックを使っています」と言ったら孤立してしまうかもしれません。

カメラメーカーとしてのブランド力にはあまり自信がないのか、価格はやや安め傾向で、カメラ業界の中ではプチプラとしての価値側面があります。


なお、Panasonicパナソニックではミラーレスタイプのカメラのことを「マイクロ一眼」「マイクロフォーサーズカメラ」と呼んでいます。ご注意を。


Panasonicパナソニックの代表的なブランド一覧。


  • LUMIX(ルミックス)…コンパクトデジカメとマイクロ一眼(ミラーレス)のブランド 型落ち品にプチプラ多し。


Panasonicパナソニックのカメラはプチプラで手に入りやすい?

ややプチプラな側面があります。家電全般で見れば世界的に見てもハイブランドに属しますが、カメラ業界においてはブランド力が弱いと心得ているのでしょう。そこそこの性能を持ちつつも値段は控えめな傾向が。

また、LEICAライカのプチプラブランドといった面もあります。


Panasonicパナソニックのカメラ作りの歴史

Panasonicパナソニックは、1917年創業の、2017年で100才を迎えた老舗企業。家電をはじめ様々な商品をてがけるモンスターカンパニーです。

カメラ事業に関しては、1997年にデジタルカメラ時代の到来を機に参入しました。ポータブルオーディオ機器などと共に、「世界最小・最軽量」などの機能性の高さと旬のタレントを用いた巧みなCM戦略で、デジタル市場を賑わせていたことは記憶に鮮明なことでしょう。

Panasonicパナソニックにとって、カメラはあくまでコンパクトデジカメに専念していましたが、OLYMPUSオリンパスやLEICAライカとマイクロフォーサーズという規格を開発したことから、ミラーレスカメラという新しい一眼レフカメラの時代を切り開きます。この戦略が功を奏し、高級カメラは得意でなかったはずのPanasonicパナソニックは、ミラーレスカメラ市場では国内第3位のシェアを誇っています。

また、ドイツの高級カメラメーカーであるLEICAライカと業務提携を結んだことで、Panasonicパナソニックのカメラに高品質なLEICAライカのレンズを採用しているばかりか、LEICAライカのカメラにはボディのOEM提供をしています。

※OEM提供とは?製品の中身だけを提供すること。ゴーストライターのようなもの。



富士フィルムのカメラの特徴は?歴史は?

フィルムメーカーとしては無類の強さを誇る富士フィルム。カメラの実力はいかほど?


一目でわかる!富士フィルムカメラの特徴。


  • 肌の色、青、緑を鮮やかに再現する特徴を持ち、色味のファンは多い。

  • フィルムカメラに近い操作性。初心者にも操作がしやすい。

  • 「APS-Cでもフルサイズセンサーを凌駕する画質のカメラを作る」がコンセプトで、スペック以上の画質を誇る。

  • 安価でコストパフォーマンスの良い機種が多い。

  • デザインが少し古臭いと感じるかも。ミラーレスとしてはやや大きいものが多い。

  • プチプラ度はやや高め。老舗のブランドイメージに反してコスパ機種が多い。


スペックだけで判断しないで!富士フィルムのカメラ徹底解説。

富士フィルムは、フィルムカメラとしては超有名メーカーであっても一眼レフメーカーとしてはあまりイメージが無いかもしれません。しかし、フィルムメーカーとして培ってきた色再現技術には一家言あり、人物の肌の色、そして青や緑を鮮やかに再現する長所があります。この点から、富士フィルムのデジタルカメラには確実にファンがいます。


富士フィルムは、フィルムカメラの操作性をデジタルカメラでも踏襲するという特徴を持っています。そのため、フィルム時代からのカメラ愛好者には使いやすいと感じる人が多いでしょう。また、その特徴のために操作性がシンプルなので、フィルムカメラを知らないライトユーザーにも好まれるかもしれません。


富士フィルムは、一眼レフカメラを作っていません(止めてしまいました)。新時代においてはもっぱらミラーレスタイプに注力しており、さらにセンサーサイズではAPS-Cというフルサイズよりも1つ下の性能のものばかりを搭載します。こうした表面的なスペックから、画質の面で弱いように感じてしまいますが、早とちりは禁物です!さすがは老舗のカメラトップメーカーで、「APS-Cでもフルサイズセンサーを凌駕する画質のカメラを作る」というコンセプトで開発に取り組んでいるため、スペック以上に画質は良いです。2016年の価格.comのプロダクトアワード・デジタル一眼カメラ部門では、金賞(1位)を受賞したのは富士フィルムのX-Pro2という機種でした。ミラーレスなのに他の並み居るデジタル一眼を抜き去ってしまったのです!

「小さなミラーレスなのにデジタル一眼並みに高画質」という長所は、乱立するカメラメーカーの中でも強い存在感があります。

また、性能が良いわりに価格の安い機種が多く、コストパフォーマンスの良さという面でも富士フィルムは優秀です。カメラメーカーの中ではややプチプラ派と言えます。


欠点を挙げるならば、外観の作りを古臭いと感じる人が多いかもしれません。また、ミラーレスとしてはやや大きなボディのものが多いです。さらに、オートフォーカスの速度があまり速くないので、スポーツを撮りたい人などは注意が必要です。レンズやアクセサリーの種類も多くなく、プロの使用にも向いていません。


富士フィルムの代表的なブランド一覧。


  • FinePix(ファインピックス)…コンパクトデジカメのブランド。プチプラ多し。

  • Xシリーズ…ミラーレスのブランド


富士フィルムのカメラはプチプラで手に入りやすい?

ややプチプラな側面があります。フィルム分野では世界的に見てもハイブランドに属しますが、カメラ業界においては中堅ブランド的な立ち回りをしています。そこそこの性能を持ちつつも値段は控えめな傾向が。


富士フィルムのカメラ作りの歴史。

富士フィルムは、1934年に創業されたやはり老舗のメーカーで、名前のとおりカメラではなくフィルムの開発メーカーとして、歴史を歩んできました。

いえ、カメラの開発も1948年からすでに始まっていたのですが、フィルムの躍進に比べてカメラ本体のほうはいまいち支持を得られませんでした。ただし、レンズ付きフィルムというユニークな形状のカメラ「写ルンです」と、インスタントカメラ「チェキ」に関しては、社会現象と言えるほどの爆発的なヒットを生んでいます。

デジタルカメラの時代においても、独自のセンサー開発で市場を賑わせてはきましたが、CANONキヤノンやNikonニコンを打ち負かすほどの功績は上げられませんでした。

ミラーレスの時代に入り、こちらを主戦場にすることで存在感を上げ、「APS-Cセンサーながらも高画質なカメラ」というコンセプトでトップブランドの一角を担っています。

質は良くとも価格は良心的なので、プチプラメーカーと言えるかもしれません。



PENTAXペンタックスのカメラの特徴は?歴史は?

風景写真が好きな人は、PENTAXペンタックを無視してはいけません!

また、主要メーカーの中では最も秀逸なプチプラブランド!


一目でわかる!PENTAXカメラの特徴。


・緑色の描写が鮮やかで美しい。風景写真好きに人気がある。

・防塵・防滴性能が高く、旅行や海辺の使用に強い。

・レンズが豊富。フィルム時代のレンズをデジタル一眼にも装着可能。さらに独特の仕上がりが楽しめる。

・安価なカメラが多く、安い予算でも一眼レフやミラーレスが手に入る。

・プチプラ度は高め!カメラメーカーにおけるプチプラブランドの一番手!


もっと知るべき!PENTAXのカメラを徹底解説

PENTAXペンタックスは、第3勢力的なイメージが強いかもしれませんが、色味の面で強い個性と魅力を持っています。PENTAXペンタックスの色味の特徴は、「緑色」が鮮やかで美しいこと。木々の緑をとても美しく発色してくれます。カメラ愛好者には風景撮影を好む人が多く、そのためPENTAXペンタックスは根強い人気を誇っています。つい数年前まで、一眼レフの市場ではCANONキヤノン、Nikonニコンに次ぐ第3位のシェアを誇っていたほど。

若い世代は知らないかもしれませんが、もともと日本で一番最初に一眼レフカメラを作ったのはPENTAXペンタックスなのです!さらにはフルサイズセンサーを超える大きさの「中判サイズ」のセンサーを搭載したカメラなども開発しており、今でもカメラメーカーとしての地力の高さは健在です。また、防塵・防滴構造にも強い特徴を持っています。

レンズのレパートリーも豊富で、しかもフィルム時代のカメラのレンズも現代のデジタル一眼レフカメラに装着することができます。オールドレンズを使用すると、淡い色彩と弱めのコントラストの写真が撮れ、他メーカーとはいっぷう変わった画風が楽しめます。


近年の実際の製品としては、100通り以上のカラーバリエーションの一眼レフや、世界で最も小さいミラーレスカメラなど、個性的なカメラで勝負しようとする姿勢がうかがえます。

比較的安価な価格帯のカメラが多く、「一眼レフやミラーレスが欲しいけれど予算は30,000円くらいが限度で・・・」というような人は、PENTAXペンタックスを当たってみるとコストパフォーマンスの良いカメラに出会えるでしょう!いわゆるプチプラ良品が数多く見つかります。

また、OLYMPUSオリンパスの「PENシリーズ」のような可愛らしいミラーレスカメラを、PENTAXペンタックスも出しています。これらも安価で、10代20代女子などのプチプラ層に非常に喜ばれるでしょう。

メーカーの個性戦略を無視して、正統派の機種を選ぶとしても、決してハズレではありません。大衆のイメージが弱いだけで、カメラの性能自体は高いメーカーです。


欠点を挙げるならば、安価な価格帯の製品においてオートフォーカスの性能が弱い点には、要注意です。


PENTAXペンタックスの代表的なブランド一覧。


  • Qシリーズ…ミラーレスのブランド

  • Kシリーズ…一眼レフのブランド


PENTAXペンタックスのカメラはプチプラで手に入りやすい?

主要カメラメーカーの中ではプチプラメーカーの立ち位置です。高い性能に対してあきらかに安めの価格設定で売り出し、「コストパフォーマンスの良いメーカー」という姿勢を示し続けている印象があります。

本格的な機種をなるべく安く入手したい、という人にとって、最もオススメなメーカーです。


「プチプラ」という言葉に対して「安かろう悪かろう」というイメージを持っているなら、OLYMPUSオリンパスのカメラはそれには属しません!性能は高めで職人志向でもあり、あくまで「コストパフォーマンスの良いメーカー」です。お間違いのなきよう。


PENTAXペンタックスのカメラ作りの歴史。

PENTAXペンタックスは、創設1919年と、主要カメラメーカーの中でも古株です。

光学製品メーカーとしてスタートしましたが、1952年には日本初の一眼レフカメラを開発しています。ニコンの一眼レフが1988年ですから、PENTAXペンタックスの1952年は相当早いです。一時期までは、CANONキヤノン、Nikonニコンに次ぐ一眼レフ市場第3位のシェアを誇っていました。