プチプラ|化粧水の良コスパ品や選び方を教えて!


「プチプラ大辞典を名乗っておきながら、プチプラ情報がぜんぜんナイじゃないの!」とプンプンな全国305名の淑女の皆さま、お待たせしました(*'▽') サイトのベースが出来た状態でもうリリースしてしまったので、プチプラ情報はこれからボチボチアップしてまいります^^; お楽しみに♪ スキンケアそしてメイクの土台となるのが化粧水です。スキンケア用品を買おうと思ったとき、一番最初に手にするのが化粧水だという人も多いのではないでしょうか? 雑誌など見ていると、何千円もするものが絶賛されています。その一方で、ドラッグストアなどでは1,000円程度のものも「コスメ大賞受賞!」などとポップが躍っていたりしますよね。 プチプラの化粧水、いくらくらいなら良質なものが手に入るのでしょうか?徹底解説です!



化粧水と美容液の違いって?

プチプラの化粧水を求める人は、スキンケアのビギナーさんも多いかもしれませんね。 化粧水と似たもので美容液というのもあるようだけど・・・はたして、どう違うのでしょう?

  • 化粧水…肌を保湿する下地

  • 美容液…肌に栄養を加えて健康にする・美肌にする


大まかに言って、このような定義ができます。 でも、近年は化粧水にも美容成分やアンチエイジング成分の配合されたものが多く、両者はあまり違いがないですね。化粧水は水っぽいさらさらしたものが多く、美容液はこってりトロトロしたものが多いです。


化粧水だけでもいいの?

化粧水と美容液の違いを、もう少し解説しましょうか。


  • 化粧水…保湿に即効性がある

  • 美容液…美容成分でお肌を徐々に改善していく


このような概念の違いがありますね。 美容液は、種に肥料をやるようなものです。いえ、美容液も付けた瞬間にうるおいますしもっちりするのですが、美容液の本領は、肌に美容成分を届けて肌を作り変えていくことにあります。 対して化粧水は、その水分でもって今すぐ、お肌にうるおいを与えます。 お肌に何かケアが必要だなと感じたとき、まず使ってみるのは、化粧水のほうが良さそうですね。 ちなみに乳液というのは、化粧水や美容液でうるおいを与えた肌に、かっちりフタをする役割のもの。


プチプラ化粧水の価格相場はいくらくらい?1,000円程度でじゅうぶん。

それでは、プチプラ化粧水はいくらくらい払えば、満足のいくものが手に入るのでしょうか? 端的に言って、1,000円程度のものでも充分! 化粧水は美容成分が濃厚である必要はないので、安価で大容量のものが作れるのです。 プチプラにこだわるなら、700円程度のものでも大丈夫ですよ。700円でも、300mlや500mlの大容量のものが買えちゃったりします♪



化粧水や美容液、付ける順番は?

化粧水、美容液や乳液・・・役割がまぎらわしいだけでなく、お肌に付ける順番もよくわからないですよね。


  1. 化粧水

  2. 美容液

  3. 乳液

  4. クリーム

という感じです。 基本的に、化粧水は「一番はじめ」に付けるものですね。まず化粧水で、お肌をたっぷりの水分でうるおしてあげます。角質を柔らかくし、お化粧しやすくなる効果もありますね。 美容液は化粧水の次です。乳液は、化粧水や美容液を閉じ込めるためにフタをするものです。


プチプラ化粧水の選び方。そのポイントは?【超重要!】

プチプラの化粧水をチョイスする際、重視しておくべきポイントをご紹介しましょう。 化粧水は、「あなたの肌タイプに合わせて選ぶ」ことがとっても大切!


普通肌の人は?なんでもOK。シンプルな化粧水でも大丈夫。

肌トラブルの少ない普通肌の人は、化粧水もあまりこだわる必要がありません。どのようなタイプのものでも合いますし、シンプルな安価なものでも充分です。 平成世代の人に多く、十代の若い人も普通肌の人が多いですよ。


脂性肌の人は?殺菌成分の多いニキビ仕様の化粧水がオススメ。

脂性肌の人は、皮脂の分泌が過剰になりがちで、お肌がテカテカしてしまいます。その脂っぽさが語られることが多いのですが、皮脂過剰ゆえにニキビや毛穴汚れが出やすいことが重要ポイント! そのため、殺菌成分の豊富なものや、「ニキビ肌にオススメ」「抗炎症」と書かれた化粧水が合っていますよ。十代、二十代の脂性肌さんは特に、ニキビ肌用のものがよいです。 三十代以降の脂性肌さんは、保湿成分の入ったものがオススメです。脂性肌さんはさっぱりタイプの化粧水に手が伸びがちなのですが、肌の内側が乾燥しているゆえに皮脂分泌が盛んになっているので、保湿してあげたほうがよいのです。

乾燥肌の人は?セラミド、アミノ酸の保湿成分が高い化粧水がオススメ。

乾燥肌は、皮膚に細かいキズが出来てしまっていて、水分が逃げてしまっているのです。そのため、これ以上肌に負担をかけないように、美容成分や添加物の多い化粧水は控えましょう。ハトムギ化粧水、ヘチマ化粧水などといったシンプルなもののほうが合っているのです。美容成分にこだわりたいなら、セラミドやアミノ酸由来の保湿効果のあるものがよいですよ。


混合肌の人は?無添加かつ保湿力の高い化粧水がオススメ。

混合肌とは、Tゾーンは脂っぽいけれどUゾーンは乾燥ぎみ、そんな複合的なお肌のこと。 混合肌の人も、脂性肌の人と同じ考え方が必要です。肌の内側の過乾燥が起きている可能性が高いので、保湿成分の高い化粧水を選ぶとよいです。かつ、肌への刺激が少ない無添加仕様、フリー処方のものがベストです。 これが一番、お値段が張りそうです。 混合肌は三十代以降の女性に多く、これはお酒やグルメなどで肌健康を損なっているから・・・。こういう人は、スキンケアコスメにもお金がかかってしまいがちなわけですね。 つまり、普通肌であるなどお肌が健康なら、周りのみんなのように高額な化粧水を漁りまわる必要はないのです!

敏感肌の人は?「無添加」が最重要!保湿成分も大切。

敏感肌は、お化粧をすることで肌にかゆみや赤みなどのトラブルが出やすい、文字通り敏感なお肌のこと。 敏感肌の人は、スキンケアをすることでかえって肌を痛めてしまうことも多いです。これを防ぐためには、無添加仕様、フリー処方の化粧水を選ぶことがとっても重要!アルコールや香料だけでなく、ビタミンC誘導体も無添加なほうが良いです。 なおかつ、セラミドやアミノ酸などの保湿成分の加味されたものがベストですね。

「美白化粧水」に気を付けて!

化粧水を使うなら、美容効果のあるものがいいなと思うでしょうか。そして近年とてももてはやされているのが「美白成分」です。美容液だけでなく化粧水にも、美白効果をうたうものが出てきていますよね。 しかし、美白化粧水にはご注意を! 美白効果のある成分には、お肌への刺激が強いものが多いのです。低刺激な化粧水、低刺激なスキンケアコスメを求める人にとって、これらはお肌によくないことも・・・。 また、化粧水における美白効果とは、一般的に「メラニンの生成を抑えることでシミ・そばかすを防ぐ」ことを指します。 出来てしまったシミを消してくれるようなものではないので、お間違いのなきよう。

若い人は、ヒアルロン酸よりもセラミドを重視しよう!

美容成分の第一人者は「ヒアルロン酸」というイメージがありますよね。「ヒアルロン酸配合!」とアピールするアイテムはとても多いです。 でも、ご存じでしたか? あなたがまだ40歳に満たない若い女性なら、ヒアルロン酸よりも「セラミド」を高配合した化粧水のほうがベターです。 お肌において、ヒアルロン酸の成分は、45歳くらいまではあまり減少しないものなのです。 ヒアルロン酸よりもセラミドを補充してあげたほうが、お肌のうるおいや若さキープには役に立ちますよ。

肌タイプ別!オススメのプチプラ化粧水をご紹介♪

それでは最後に、プチプラ化粧品のオススメを「肌タイプ別」でご紹介します♪ 化粧水のオススメやランキングは「肌タイプ別」に紹介していないと意味がないです(笑)



乾燥肌にオススメのプチプラの化粧水はコレ!

ハトムギ化粧水(ナチュリエ)

「あ、見たことあるー!」という声が聞こえてきそうですね。 プチプラ化粧水としてあまりにも有名な、「大容量かつ激安」のハトムギ化粧水は、実際になかなかの優等生です♪ 最高品質!とはいきませんが、充分な保湿効果・美容効果があります。低刺激への配慮も結構なされていますよ。500mlの大容量で実売価格600円程度というのは、ものすごいコストパフォーマンス! スキンケアに興味を持ち始めた十代だけでなく、三十代、六十代の女性にも十分な品質です。 「これぞプチプラのカガミ!」という感じですね。 ちなみに、「ハトムギ化粧水」というような商品は、類似品がいくつかあります。そのどれもが、同じようにオススメできます。買い間違えても大丈夫です(笑)


脂性肌にオススメのプチプラの化粧水はコレ!

ハトムギ化粧水(ナチュリエ)

「あ、見たことあるー!もしかして、記事書き手抜き!?」と言われてしまいそうなのですが、そうではないのです(笑) 肌のテカリや毛穴詰まりなど気になりがちの脂性肌さんにも、ハトムギ化粧水がオススメ。さっぱり感としっかり保湿が両立したアイテムなので、脂性肌さんが求める付けたあとのさっぱり感と、肌の内側が求める保湿を、ちゃんと満たしてくれますよ。

美白ケアにオススメのプチプラの化粧水はコレ!

美白化粧水W しっとりタイプ(ちふれ) 肌タイプとは異なりますが、「美白ケア」を重視したい人にオススメの化粧水がこれ。 プチプラコスメで有名なちふれの、「美白化粧水W しっとりタイプ」です。 美白成分はアルブチンと安定型ビタミンC誘導体のダブル効果で、メラニンの生成を抑えます。シミ、そばかすを防いでくれるわけですね。 ヒアルロン酸などの保湿成分ももちろん配合。 アルコール不使用で、無香料、無着色でもあります。 美白化粧水は少々お値段がはりますね。 ちなみに、同じシリーズの乳液と見た目がソックリなので、購入の際は気を付けて!

敏感肌にオススメのプチプラの化粧水はコレ!

無印良品 化粧水・敏感肌用・高保湿タイプ

敏感肌さんにオススメなプチプラ化粧水は、無印良品の一品です。 敏感肌用に配合されたもので、無香料、無着色、鉱物油フリー、アルコールフリー、パラベンフリーと低刺激にこだわっています。 ヒアルロン酸やグレープフルーツ種子エキスなどで保湿効果・美容効果もカバーしていますよ。 お値段がはりがちな敏感肌用化粧水にあって、パッケージのシンプルさや宣伝費不要でコストカットしている無印良品が、プチプラとして強いです。

普通肌にオススメのプチプラの化粧水はコレ!

ハトムギ化粧水(ナチュリエ)

「またー!?」と言われてしまいそうですが、化粧水に特段のこだわりが必要ない普通肌さんですから、やはりコスパの良いアイテムがそのままオススメできます。 洗顔後のお肌に充分なうるおいと保湿を与え、それでいてパシャパシャ使っても気にならないこのお値段は魅力的! 「よく見かけるハトムギ化粧水じゃつまらない・・・」と感じて、他の化粧水も色々漁りたくなることでしょう。それも良いと思います。しかし、一年後にはきっと、ハトムギさんに帰ってきてるハズ。


とりあえず「ハトムギ化粧水」を試してみるのがオススメ!

プチプラの安い化粧水を探しているなら、乾燥肌さんや普通肌さんにかぎらず、とりあえず「ハトムギ化粧水」を試してみることをオススメします。 充分な保水・保湿力があり、たっぷりじゃぶじゃぶ使えて爽快で、そして圧倒的に安いです! 「コスパの良い良心的なものを作ってお届けしよう」という明確なコンセプトが見え、なので奇抜なものを作って目立とうとする他メーカーのものよりも確実にコスパがよいです♪ 敏感肌さんなど、中には「ハトムギ化粧水」では肌に合わなかったり、物足りなく感じる人もいるかもしれませんね。その場合も、ボディ用のうるおい化粧水として転用したり、コットンパックとして使ってみたりするアイデアもありますよ。



いかがでしたか?

化粧水は、即座に肌をうるおす役割を担うものです。のどが渇いたときに水を飲むようなものですね。スキンケアアイテムの中でも安価なもので、プチプラを狙うなら1,000円以下のものでもかなり良質なものがありますから、覚えておいてくださいね。 どの商品が高品質か、というよりも、あなたの肌タイプに合ったものを選ぶことが重要ですよ!



もっと知りたい!プチプラ化粧水の良コスパ品や選び方!

プチプラ化粧水の選び方については、上記までのトピックを読んでいただければ充分です。 ここからは、もっと詳しくプチプラ化粧水について解説していきましょう。



プチプラ化粧水を選ぶ際に必須の知識!肌タイプの見分け方!

プチプラ化粧水を選ぶ際には、自分の肌タイプに合ったものを選ぶことが重要だと、何度も書きましたよね。 そこでここでは、あなたの肌タイプの見極め方について、ご紹介します。

まずはお風呂上りに5分間、お肌を放置して様子見。

まずは、お風呂上りもしくは洗顔後に、5分ほど何もケアをせずに放置しておきます。 5分ほど経ったら、鏡を見てみましょう。または、お肌の様子を感じてみましょう。 以下のどれが該当しそうですか?


普通肌さんの特徴は?

普通肌は、何のスキンケアをしなくてもしっとり感があり、ハリもあります。赤ちゃんのような、とまではいかなくとも、十代のような若々しさを見せます。 平成世代には普通肌の女性が多いですよ。 また、食事がヘルシーな人は普通肌の人が多いです。お酒を飲まない、お肉をあまり食べず野菜が好き、というような人ですね。


脂性肌さんの特徴は?

脂性肌は、皮脂の分泌が多いため、テカテカしてしまいます。洗顔後5分程度でも、こうした兆候がみられるでしょう。 皮脂が多いことから毛穴汚れ、毛穴詰まりが起きやすいです。イチゴ鼻になりがちなのですね。 メイク崩れを起こしやすく化粧直しを頻繁にしたくなってしまう人も、脂性肌が多いです。

混合肌さんの特徴は?

混合肌は、脂性肌と乾燥肌の混合です。おでこ、鼻頭などのいわゆるTゾーンは脂性でテカりやすく、ほほや口周りなどのUゾーンは乾燥しやすい、そのような傾向を見せます。 脂性部分はテカり、乾燥部分は粉っぽさやつっぱり感が出ます。

乾燥肌さんの特徴は?

乾燥肌は、お肌にうるおいやハリが乏しく、かさつきや粉っぽさを感じる肌状態です。しわっぽくなりがちです。 洗顔をするとすぐに肌につっぱりを感じてしまい、化粧水ケアなどしないと気が済まない!と感じるでしょう。


敏感肌さんの特徴は?

敏感肌は、ほほなど肌にピリピリと微細な痛みを感じたり、かゆみや赤みが表出しがちです。炎症を起こしやすいわけですね。 髪の毛や整髪料など触れるとすぐに違和感がして、手でぬぐいたくなるでしょう。 スキンケアで改善したくなりますが、そのスキンケアが肌トラブルを助長してしまうことが多く、刺激の少ないアイテムを選んだり優しく洗顔したりなど、丁寧なケアを覚えることが大切ですよ。


化粧水がしみる?化粧水が悪いのではなく肌状態が悪いのかも!

化粧水を買ってみて、使ってみたけれど、お肌がしみる!そんなこともあるでしょう。プチプラアイテムの場合は特に、「これは化粧水が劣悪なんだわ」と思い込んで、違う商品に鞍替えしようとしてしまいがち・・・。 でもちょっと待って! 化粧品がしみる原因は、化粧水のせいばかりではありません! 以下の項目で、思い当たるものはありませんか?

乾燥で肌のバリア機能が低下している!

生活空間の空気が乾燥していることで、肌が荒れ、バリア機能が低下してしまうのはよくあることです。バリア機能が低下していると、化粧水の刺激が微細な痛みとなって、「しみる」と感じるわけですね。 現代人にとって、乾燥は一年中つきまとう問題! 冬は気候により空気が乾燥してしまうのは言わずもがな。家の中は暖房により、さらに乾燥してしまいがちです。 夏は、エアコンによって乾燥してしまうのです。外気は湿っていますが室内は乾燥ぎみで、これが女性たちのお肌に害になっていることは多いものです。


生活習慣の乱れでバリア機能が低下している!

食事が不健康だとお肌も健康を害してしまいます。これでお肌がバリア機能を損ねてしまうことは、すぐイメージできますね。外食やコンビニ食、甘い物を食べすぎていませんか?お酒やタバコを好んでいませんか? 睡眠時間の少ない寝不足ぎみな人、就寝時間が不規則な人も、肌バリアが低下してしまいがち。 運動不足もお肌の健康を損なってしまいます!

日焼け・紫外線で肌のバリア機能が低下している!

日焼けをするとお肌がヒリヒリしますよね。気づかないほどの日焼けでも、化粧水を付けるときにしみて感じることがあります。 温暖化・異常気象の激しい昨今、5月の紫外線はもう夏並みと言われていますよね!4月でもすでに、お肌にダメージを与えるほどの紫外線量になっています。 冬季も、スキー場など行くと照り返しによりものすごい紫外線ダメージを受けてしまいます。 UVケアを行ったほうが良いですね。


花粉やホコリで肌のバリア機能が低下している!

暑くも寒くもない季節でさえ、お肌のバリア機能を攻撃する因子があります! 春は花粉症が悩ましいですね。花粉のアレルギー反応は鼻、ノド、目だけでなく、お肌にも及ぶことがあります。

ゴシゴシ洗顔で肌のバリア機能が低下している!

洗顔の方法、間違っていませんか? 洗顔料や泡をたっぷり付けていても、手をゴシゴシとお肌にこすりつけてしまうと、お肌は傷ついてしまいます。お肌のバリア機能を壊してしまいます。 また、洗顔時のお湯の温度が高すぎても、お肌を痛めてしまいがちです。 お風呂のシャワーの温度は41度くらいの家庭が多いのですが、実はこれではもう、洗顔には熱すぎる温度!37度くらいが適温と言われているので、洗顔の際は設定温度を下げるか、お水を混ぜて少し湯温を下げましょう。

ゴシゴシタオルドライで肌のバリア機能が低下している!

洗顔がふんわり柔らくても、油断は禁物! タオルドライの際、ゴシゴシと顔をふいてしまってはいませんか? これもやはり、肌の細胞を壊し、バリア機能を低下させてしまいます。 お母さんがスキンケアに無頓着だったりすると、ゴシゴシタオルドライをしていて、無意識にそれがお子さんにもしみついてしまうことが多いようです。


洗顔料が悪くて肌のバリア機能が低下している!

洗顔料のせいでお肌のバリア機能を損なってしまうこともあります。 たとえば、スクラブ入りの洗顔料でお肌が負けてしまう女性は多いです。お肌がツルツルになると感じても、同時にヒリヒリや赤みを感じるようなら、スクラブ入りはあなたに合っていないので、やめましょう。 洗顔用でないせっけんも、お肌への刺激が強すぎることがあります。 また、鼻やほほのツルツルを目指して、二度洗いが習慣になっていたりしませんか?二度洗いはたしかに汚れがよく落ちますが、摩擦しすぎてしまってお肌のバリア機能を損なってしまいがちです。

ピーリングでお肌のバリア機能が低下している!

すでにスキンケアに凝っているなら、ピーリングを行っているのでは? ピーリングはお肌がツルツルになりますが、お肌への負担が大きくなってしまいがちです。 ピーリングは1か月に1度か、せいぜい2週間に一度にとどめましょう。そのピーリング剤に「2週間に1度が目安」と書かれていても、あなたにとってそのペースでは肌に負担がかかりすぎているなら、ペースを緩めるべき。

化粧水を買い替える前に、肌トラブルの原因を改善しよう!

お肌のバリア機能を低下してしまう原因、こんなにもたくさんあるのです! コスメのクチコミサイトを眺めていると、「私は肌がしみました」と書いている人が多いです。結構効果な化粧水でも、無添加系の化粧水でも、このようなコメントをしている人がいます。 それはつまり、化粧水のせいではなくその人の肌バリア機能が低下してしまっているからだという可能性が高いです!こういう人は、延々と化粧水漁りを繰り返すことになってしまいますし、どんどん高価なものに手を伸ばすようになってしまいます・・・。 でも、プチプラの化粧水でも美肌を保っている人も、大勢いますよね。 「プチプラだから質が悪いんだ」と決めつける前に、上で紹介した肌トラブルの原因を、1つ1つ改善していきましょう。 スキンケアアイテムに頼りすぎては、だめなのですね。



化粧水がしみる?自分の肌タイプをカンチガイしているかも?

化粧水がしみる要因、大きなものとして、もう1つ考えられます。 それは、あなたの肌タイプに合っていない化粧水を使っている、ということ。 自分の肌タイプをしっかりわかっていない人は、結構多いようす。 この記事でも肌タイプのセルフチェックの目安を解説しましたが、「普通肌のような?敏感肌のような?」なんて戸惑った人もいるのではないでしょうか。 その場合、一度デパートなどで肌カウンセリングを受けてみるとよいです。無料のちょっとしたものでも充分で、別に商品を買わなくてもよいですよ。肌タイプくらいは気軽に診断してもらえます。 また、肌タイプというのは変化しうるものです! 以前は普通肌だったけれど、今は敏感肌になってしまった。以前は乾燥肌だったけれど今は脂性肌になってしまった。そんなこともあるものです。 ときどき自分の肌タイプをじっくり観察してみましょう。

いかがでしたか?

プチプラの化粧水を試してみたとき、ちょっと違和感を感じても、「この化粧品が粗悪なんだわ」と決めつけるのは控えましょう。ヒリヒリを感じたりするのは、他に要因があるのかもしれないのです。 また、「どの化粧水が良い」というよりも、あなたの肌タイプに合った化粧水を使うことが大切だと覚えておきましょう。ネット上のクチコミ、あなたのお友達のオススメが絶大でも、あなたの肌タイプに合っているとは限らないのです。 このように、化粧水の選び方をしっかり理解すれば、プチプラでも満足のいくものを見つけられる可能性は高いですよ♪ 10代の若い女性だけでなく、30代も50代も、プチプラ化粧水で美肌を保っている人は大勢います!

「プチプラ大辞典」は本当に良コスパなものしか勧めません(*'▽')

こうした情報サイトは一般的に、アフィリエイト(宣伝収入)が目的に運営されています。当サイト管理人は、アフィリエイトサイトの運営を幾つか手掛けましたが、ビジネスがヘタで利益にならないので、もうあきらめました(笑)
このサイトにもアフィリエイトバナーは貼ってありますが、広告収入はほんと期待していません。それよりも、「フェアで信頼できるプチプラ情報サイト」​をコンセプトに記事を書いています。
不況時代の今、幅広く皆さまのお役に立てたら幸いです(*'▽')

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now